「結婚相談所には、いい男がいない」と嘆く32歳女性が気づいてない現実

19

2020年10月27日 09:21  女子SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

女子SPA!

写真写真はイメージです。以下同
写真はイメージです。以下同
 こんにちは。恋愛コンサルタントの菊乃です。

 婚活女性からよく聞く言葉「いい男性がいない」。自分はきちんと化粧をしたり気を使って話をしているのに、お相手のレベルが低すぎて選べない……と嘆く女性は非常に多いです。でも、はたして男性側だけの問題でしょうか?

◆彼氏の家に一度も行ったことがない32歳の女性

「マッチングアプリで失敗したくないので、結婚相談所に登録しました。でも、絶対に好きになれそうもない男性や、10歳以上年上の方からしか申し込みが来ないんです。あとは、マッチングしてもメッセージが途絶えてしまったり……本当にいい人がいない。結婚は妥協しないとダメですか? 普通の人に会いたいだけなのに」

 そう話すマイさん(仮名・32歳)は都内で働く会社員。アプリで出会った31歳・年収700万円の彼氏がいましたが、コロナをきっかけに半年前に別れを決意しました。

「アプリの失敗とは何でしょうか?」
「実は、彼の家に一度も行ったことがなかったんです。最寄り駅が越谷レイクタウンで、ちょっと遠かったこともあって……」
「えっ!一回も!? 彼の職場は都内ですか?」
「はい。やっぱり怪しいですよね。友達からも『本当に独身?』と言われて」
「本人には確認したの?」
「いや……確認できなくて。コロナが流行して出かけるところもないし、家に行っていいか聞いたらLINEをブロックされたんです」

 ファミリー層の多い越谷レイクタウンに住む独身男性……いないことはないでしょうが、あえて選ぶ場所でしょうか? 家に呼ばなかったり、LINEが返ってこない点も非常に怪しい。

 しかも、彼の出張が多く、会うのは月1〜2回程度だったとか。アプリのプロフィールには「1〜2年のうちに結婚したい」と書かれていたのに、マイさんの誕生日やクリスマスといった記念日も結婚の話はなかったそうです。もうこれ、ほぼほぼクロと見て間違いないでしょう。

 つまり、マイさんはアプリで知り合った既婚男性に遊ばれ、婚活市場に戻ってきたのでした。アラサーの貴重な時間を、結婚する気のない男性に使ってしまったのです。

◆元彼レベルの男性に会えると思っていた

 そうしてマイさんは、アプリよりも結婚願望がある人に出会えると思い、結婚相談所に登録しました。

 まず、「年収700万円以上30代」という条件で相手を探してもらったのですが、お見合いがなかなか成立せず、断られることも多かったそうです。

 男性から申し込まれる場合は年収400万円前後、同年代はほぼおらず10歳以上年上の方もザラだったとか。その事実にガックリきたのか、入会後の1か月は誰とも会わずに時間が過ぎていきました。

「条件を変えましょうと言われて、年収は500万円以上にしました。元カレの年収もそもそも本当に700万円だったか分からないし、そこは私も妥協したんです」

 その後、4人の男性にお会いしたそうです。1人は横柄な態度だったのでお断り。2人目は写真より実物の方が良かったそうですが、向こうから断られる。残り2人は、可もなく不可もなくだったため2回目も会ってみることにしました。

◆妥協して会った男性2人も…

「その方も話していて楽しくはないですが、それで断ったら誰もいなくなると思い、会うことにしたんです。正直、2回目のデート前はすごく憂鬱でした。

 まず、待ち合わせが駅ビルのレストラン街。案の定お店を決めていないんです。まあ、そこは百歩譲って許します。その後、こちらが気を使って話をふったんです。趣味が映画とあったので、何を見るんですか?と聞きました。そうしたら『あんまり見ない』と言われて会話終了。はぁぁ!? って思わず言いかけましたよ。本当に辛くて虚しくて、即お断りしました」

 さらにマイさんの怒りは止まりません。

「もう一人は39歳の方です。お店は探してくれましたけど、人間性がちょっと。『子どもが欲しいから32歳までで相手を探していた』っていきなり言うんですよ。
 あとは、太っている女性が嫌みたいで、写真と別人の太っている女性が来たことがあるという文句を延々と聞かされました。女性の私にその文句を言う性格って……結婚相談所に“いい男”っていないんですね」

◆プロフィールを変えるだけで…

 結婚相談所にいい男がいないわけではありません。男女とも人気がある方は100件以上の申込みがきます。マイさんも20人ほど申込みはあったそうですが、年齢が上すぎたり、プロフィールを見て会う気になれず断っていました。

「アプリなら同年代からも連絡が来たのに……30代だと無理でしょうか?」
「アプリは遊び目的の男性もいるから、同年代でも年下でも、年齢関係なく連絡が来るでしょう。結婚相談所の女性は30代が一番多いし、32歳は年齢で不利な訳ではないですよ。他のところに問題があるのかも……例えばプロフィール。見せていただけますか?」

 マイさんのプロフィールは、白いブラウスを着た写真でした。両手をおへそのあたりで組み大人しそうに見えます。普段のマイさんから受ける印象と、ほぼ正反対と言っていいレベルです。

 さらに、趣味はヨガ、クラシック、お菓子作り、海外旅行。そこの相談所は「苦手なもの・こと」の欄があったのですが「常識のない方は苦手です」と書いてありました。

「写真は撮り直そう。大人しそうに見えるし、実際はそんな性格ではないでしょう?」
「はい、性格はキツめだと思います。でも、おとなしく見せなくていいんですか?」
「もちろんキツい感じではなく、アクティブとか快活とか、自己主張があるところを見せましょう。屋外の公園や海辺で撮ると元気そうな雰囲気になりますよ。

 あと、趣味もダメ。ヨガとかお菓子作りって、男性はほぼ興味がないですよ。男性が見て『会って話したい』と思う情報やマイさんの個性が皆無で、年齢しか特徴がないです。
 あと、苦手なことの欄ですが、胸を張って『私は100%常識があります』って言える人っていないでしょう。ここはマイさんの取り扱い方の注意点を盛り込みませんか? 辛いものが苦手とか、高いところが苦手とか、遅刻する人が苦手とか」

 まくし立てるように一気に伝えます。でも、それほど直すべきところばかりだったのです。

「そうですね……。私が会いたいと思われない女性だったんですね」
「そうですよ。男性は高いお金を出して結婚相談所に登録しているし、女性の飲食代だって払います。色んな人と比較して選ぶのは男性も女性も同じ。マイさんを選ぶメリットを感じなきゃ、選ばれないですよ」

◆“いい男がいない”と嘆いていても何も進まない

 その後、プロフィールはほぼ全て修正しました。趣味は漫画と商店街散歩、食べ歩きに変え(嘘ではなく、これらのことも好きだったのです)、写真も撮り直しました。しばらくして、同年代で話しやすい男性と会えるようになったそうです。

 寄ってくる男性が興味を持てない男性ばかりだとしても、それが今のあなたに釣り合う男性なのです。厳しいようですが、それが婚活の現実です。相手について不満を言うのもいいですが、本気で婚活するのなら、まずは自分の何かを変えましょう。

※個人が特定されないよう一部脚色してあります。
<取材・文/菊乃>

【菊乃】
恋愛・婚活コンサルタント、コラムニスト。29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活を綴ったブログが「分かりやすい」と人気になり独立。ご相談にくる方の約4割は一度も交際経験がない女性。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。

このニュースに関するつぶやき

  • 昔,友達が「いい男なんて,早い者勝ちなんだから……」と言っていた。ウチの奥さんの勤める会社の女子社員の間での定説は「残り物にはワケがある」。この辺りが現実なのかな。
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 婚活市場には、基本的に良い男女はいません。 見切りをつけて恋愛しよう。
    • イイネ!25
    • コメント 18件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定