【前編】旦那から人として扱われていない……卑劣なDVの内容にママたちは?

8

2020年10月27日 10:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

みなさんは旦那さんとの関係は良好ですか? 夫婦の関係性はさまざま。とても仲がいいという方もいれば、ほとんど冷え切っている方もいるかもしれません。ひょっとしたら夫婦間の関係が平等ではない……と感じているママさんもいるのではないでしょうか。
『旦那から人として扱われていない。もう消えたい』
今回ママスタコミュニティにお悩みを投稿したのは、旦那さんからひどい扱いを受けていると話すママさん。中学生と小学生のお子さんがいるそうです。旦那さんからのひどい扱いとは、一体どのようなものなのでしょうか?

旦那さんからのあまりにひどい扱いに唖然……



旦那さんについて、投稿者さんは詳細を語ってくれました。
『いつも私が仕事から帰って晩御飯を作るのに、旦那はウインナーを焼いて、お酒を呑んで、「腹いっぱいで飯はいらない」と言う。そう言いながら惣菜パンやお茶漬け、肉まん、カップラーメンなどを適当に食べる。私が作ったものは食べないのに、自分が買ってきた惣菜がひと口でも残ると激怒。夕飯がいらないならそう言えば作らないのに……。「なんで私が作ったものを食べないの?」と言うと、私の背中をめがけて温め終わった惣菜パンを投げつけてきた。子どもが寝たら家を出てしまいたい』
投稿者さんのご家庭は共働き。いつも投稿者さんが帰宅してから夕飯を作るにもかかわらず、旦那さんは好きなようにお腹を満たしながら気ままに「夕飯はいらない」と言い放つのだそう。投稿者さんが作ったものは残すのに、自分が買ってきたものを家族が少しでも残すと激怒……というところにもゾッとしてしまいます。投稿者さんが抗議したところ、投稿者さんめがけてパンを投げつけてきたというのですからさらに驚きです。
『しかも夜の生活も、お腹が痛いのに無理矢理される。この前私が泣きながら耐えているのに気づいたにもかかわらず、旦那の欲求を発散したいがためにいろいろなことをされた。もう本当に限界』
旦那さんは性行為でも自分勝手さを発揮しているようです。嫌がっているのに無理矢理……というくだりで、聞いているこちらまで思わず絶句してしまいそうになりますね。投稿者さんが「家を出てしまいたい」と考えるのも無理はないでしょう。

信じられない!激怒するママたち

『あー、投稿者さんよりムカついてしまったわ。あっつあつの惣菜パンを、私が投稿者さんの代わりに旦那さんの顔に押しつけてやりたい』
『私も怒りに震えてしまった。激熱パンを口にねじ込んでやりたいよ。血圧急上昇しているのが自分でもわかる。とにかく投稿者さんとお子さんたちが今日も明日も無事でありますようにと願う』
「家出してしまいたい……」と意気消沈する投稿者さんを目の当たりにして、「自分が旦那さんに仕返ししてやりたい!」と激怒するママたち。ママたちがここまで怒りで打ち震えてしまうのですから、旦那さんの行為がいかに卑劣なものだということがよくわかりますね……。

投稿者さん、とにかく逃げて!

『お子さんを連れて逃げて! 暴力をふるわれる前に逃げて!』
『投稿者さんの実家は遠い? 投稿者さんが使えるお金があるなら、子どもを連れて少しの間でも家出をしてしまってもいんじゃない? 旦那さん、怖いよ……。「あなたとは一緒にいられない」という意思表示をしよう』
『夜の生活は応じなくていいよ。ご飯も作らなければいい。子どもと生活するアパートを借りちゃいな。安いところはいくらでもあるから。女性はどんなことをしても生きていけるほど強いよ。大丈夫。あなたの人生なんだから自分が決めなよ』
投稿者さんの現況をかなりひっ迫したものだと判断し、警鐘を鳴らすママたちも現れました「旦那さんの行為がこのままエスカレートしたら、投稿者さんやお子さんが暴力を振るわれてしまうかも……」と最悪の事態を想定したママたちも。旦那さんの怒りの矛先がお子さんに向いてしまう前に行動にうつすべきと考えたママたちは、お子さんを連れて家を出るべきだと強く訴えてくれました。

まさかの提案をするママたちまで……「うちに来る?」


『実家に帰るのは危険だよ。連れ戻されたあとが怖い。近くならうちに来てもらっても構わない。落ち着ける場所が見つかるまでいてくれて構わない。お子さんも学校に通えるならうちから通えばいい。私と子どもしかいないし、部屋も空いているから』
『きっと投稿者さんからは遠方だけれど、「我が家に子どもを連れておいでよ」と言いたくなる』
『大丈夫……? こりゃあしんどいわね。近かったらうちに来たらいいのに』
なんと「避難場所として我が家を使ってくれて構わない」とオファーするママたちが続出! 実際にそのお誘いを受けるかどうかはさておき、その温かさに思わずこちらまで目頭が熱くなってきます……。「同じママとしてなんとか力になってあげたい」という優しい気持ちがひしひしと伝わってきますね。

投稿者さんの代わりに怒ったり、家においでと提案してみたり……ママたちの温かな想いが伝わるコメントがたくさん並びました。一方で投稿者さんに対して冷静なアドバイスをする声も聞こえてきたようです。さてその内容とは……?

後編へ続く。

文・motte 編集・荻野実紀子  イラスト・Ponko

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • この人は結局何もしないんだろうな。子供が早く保護されますように。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 沖縄産おー型軟体生物(LV52)の様な旦那です。頭がイカれていて、妄想と現実の区別がつかない気違いですから。
    • イイネ!15
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定