大迫は軽傷で数日中に練習復帰へ…一方エースFWフュルクルクは離脱決定

0

2020年10月27日 10:57  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ブレーメンでプレーするフュルクルク [写真]=Getty Images
ブレーメンでプレーするフュルクルク [写真]=Getty Images
 ブレーメンは27日、ブンデスリーガ第5節ホッフェンハイム戦で負傷した日本代表Fw大迫勇也とドイツ人FWニクラス・フュルクルクの診断結果を発表した。

 長期離脱の可能性も指摘されていた大迫は軽い打撲で、経過観察の上で数日中にトレーニングに復帰可能。一方のフュルクルクはふくらはぎの筋肉を痛めており、復帰は11月中旬以降とみられている。

 ホッフェンハイム戦では先発出場したフュルクルクが負傷により、37分に大迫と交代。しかしその大迫も負傷の影響で、タヒス・チョンとの交代でピッチを退いていた。ここまで5試合で4得点を記録している得点源フュルクルクの離脱により、大迫にかかる得点への期待も高めることになるかもしれない。
    ニュース設定