「懐かしい」京都の電車ずらり 送り火の日の市電やポール式電車も、京都・左京で写真展

1

2020年10月27日 11:00  まいどなニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真吉田神社の鳥居の前を走行する京都市電(1976年、島本さん提供)
吉田神社の鳥居の前を走行する京都市電(1976年、島本さん提供)

 夏の大文字の送り火を背にして走る市電や、一面の田んぼの中を疾走する電車−。1950〜90年代の京都市電と叡山電鉄の車両の写真を集めた写真展「なつかしい左京区の電車」が、京都市左京合同福祉センターで開かれています。

【写真】今では見られない叡山電鉄の風景…進行方向を変えるためトロリーポールを付け替えています

 京都は日本最初の営業用電車が走った町として知られます。京都市電は1895(明治28)年開業の京都電気鉄道の路線を引き継ぎ、全廃となる1978(昭和53)年まで都大路を駆け抜けました。

 一方、写真展のもう一つの主役、叡山電鉄は1925(大正14)年の開業です。現在では、通勤通学や鞍馬・貴船方面の観光客の足として親しまれています。

 今回の写真展は1950〜90年代がメインなので、会場ではレトロな写真が目立ちます。建設中の市電線路敷地で遊ぶ子供たちや、旧型の京都市バスと並走する市電の写真があります。さらには、京都らしく、神社の鳥居越しに市電をとらえた写真も展示されています。

 叡山電鉄関連は、今では見られない光景の写真が多く見られます。宅地化される前の水田の中を走る車両のほか、のどかな雰囲気のターミナル出町柳駅や、進行方向を変えるためトロリーポールを付ける乗務員を写した1枚などもあります。

 写真展は、京都市左京図書館と鉄道友の会京都支部が開きました。鉄道友の会京都支部の島本由紀事務局長は「今では京都市電が走っていた時代を知る人も少なくなりました。こんな光景が見られたんだと知ってもらいたいです」と話します。写真展は11月1日まで、入場無料です。

(まいどなニュース/京都新聞・浅井 佳穂)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定