NASA、月面に多くの水分子を発見 月での生活に活用できる可能性さぐる

2

2020年10月27日 15:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真南半球にあるクレーターで発見(画像はYouTubeより)
南半球にあるクレーターで発見(画像はYouTubeより)

 NASA(米航空宇宙局)は、成層圏赤外線天文台(SOFIA)による観測で、月面には従来考えられていたよりも多くの水分子があることが確認できたと発表し、結果をネイチャー・アストロノミー誌に掲載しました。



【NASAの発表映像】



 地球から見える位置にあるクレーターに、予想よりも豊富な水分子があることが分かりました。これまでは、月に存在する水は低温で影が差す位置に存在すると考えられていました。今回発見された水分子は太陽光が当たる位置で観測されています。そのため、観測された場所以外にもまだ水分子が存在する可能性が考えられます。



 観測された水分子の量は約350ミリリットルで、サハラ砂漠全体にある水の量の100分の1程度。量自体はわずかで、過酷な環境下で水分子が存在する謎はまだ解明されていません。



 NASAは2024年に月面探査を予定しています。プロジェクトに先駆けて、水分子の正体を明らかにすることに意欲的であると述べました。



 水分子の詳細を解明できれば科学的な貢献だけでなく、月を探査する人が飲用するなどの資源として活用できる可能性を広げることになります。


このニュースに関するつぶやき

  • @サハラ砂漠全体にある水の量の100分の1程度・・・これではフォン・ブラウン市の飲料水を賄うにはとても足りないんじゃないの?
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定