『プリキュア』新作映画、バトルシーンは“ワンピース”級の迫力 特別映像が解禁

21

2020年10月27日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』の場面カット (C)2020 映画プリキュアミラクルリープ製作委員会
『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』の場面カット (C)2020 映画プリキュアミラクルリープ製作委員会
 『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』(31日公開)の特別映像が公開された。映像で見ることができる壮絶なアクションバトルを手掛けたのは、テレビアニメ『ワンピース』シリーズディレクターも務めた深澤敏則監督で、プリキュアたちのバトルシーンは“ワンピース”級となっている。

【動画】ワンピース級の迫力バトル!プリキュアのアクション描いたPV

 解禁された映像は、『スター☆トゥインクルプリキュア』『HUGっと!プリキュア』『ヒーリングっど◆プリキュア』(◆=ハート)3世代のプリキュア13人が、力をあわせて最大の敵<昨日>をつかさどる精霊リフレインと闘う姿が。キュアミルキーとキュアアンジュの共闘など、世代を超えたバトルシーンを見ることができる。

 この熱く壮絶なアクションバトルを手掛けたのは、2014年〜19年にテレビアニメ『ワンピース』のシリーズディレクターも務めた深澤監督で、「自分がプリキュアで何ができるんだろう?と考えたときに、小さな女の子も少年のように胸が熱くなる作品だったら作れると思った」とコメント。

 その言葉通り、同作では大切なものを守るために強敵に立ち向かうプリキュアの姿や、スピード感あふれるバトルなど、観る者の胸を熱くする場面が多数用意されており、13人のプリキュアが協力し合い、<今日>を繰り返そうと企む最大の敵に挑む。

 2004年『ふたりはプリキュア』でスタートしたアニメ『プリキュア』シリーズは、18年に15周年を迎え、18年秋の映画では「アニメに登場する最も多いマジカル戦士の数」でギネス世界記録に認定。映画シリーズ28作目となる同映画は、『スター☆トゥインクルプリキュア』『HUGっと!プリキュア』『ヒーリングっど◆プリキュア』(◆=ハート)3世代のプリキュア13人が集結し、プリキュアたちが「今日の世界」に閉じ込められてしまう物語。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 「“ワンピース”級の迫力」→大勢の人物が「うおおおおおおお」って言っているだけでそれらしくなる���դ�
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ワンピース級ね。迫力あるアクションシーンあるのかね。止め絵の連発じゃないだろな
    • イイネ!6
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(13件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定