「ALFA−X」初試乗会=次世代新幹線、時速382キロ―JR東

140

2020年10月28日 05:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真JR仙台駅に到着した次世代新幹線試験車両「ALFA―X」=27日夜
JR仙台駅に到着した次世代新幹線試験車両「ALFA―X」=27日夜
 JR東日本は27日深夜から翌日未明にかけ、次世代新幹線試験車両「ALFA―X」の報道向け試乗会を、仙台―盛岡間で開催した。最高時速は400キロで、今回は382キロまで到達した。昨年5月に完成したALFA―Xの試乗会は初めて。

 同区間を走る現役の東北新幹線「E5系」の最高時速は320キロだが、ALFA―Xは新幹線としては世界最速の時速360キロで試験走行を重ねている。

 高速度域での快適性を高めるため、左右方向の揺れに対応する制振装置を新幹線としては初めて、上下方向の振動にも対応させた。新青森側(10号車)先頭車両の『鼻』の長さは、E5系より7メートルも長い22メートルで試作。東京側は16メートルで、往復時の騒音の違いなどを調べる。

 時速320キロを超えても、車内は会話に支障がないほど静か。360キロを超えるとわずかに揺れと騒音が増し、380キロに近づくと「ゴゴゴ」という風切り音と「ギューン」という駆動音が響いた。仙台駅を出発し、途中停車などの後、約40分間で盛岡駅に到着した。

 JR東日本先端鉄道システム開発センターの浅野浩二所長は「1年半の試験走行で一定程度安定して走行できるようになった。時速360キロでの営業運転を実現し、お客さまに有意義な時間を過ごしてもらいたい」と話した。 

時速382キロまで加速したことを示す次世代新幹線試験車両「ALFA―X」の車内表示=28日未明、岩手県内
時速382キロまで加速したことを示す次世代新幹線試験車両「ALFA―X」の車内表示=28日未明、岩手県内

このニュースに関するつぶやき

  • ぐっ!130km負けたw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ノンビリ鈍行の旅を楽しむ余裕が無くなったね。夜行寝台も消えたし、夜中に遠くから聞こえていた汽笛の音が懐かしい(#^.^#)
    • イイネ!28
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(94件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定