【後編】ネグレクトの記憶がチョコレートでよみがえる。私は愛されていなかったのかな…… #毒親日記 【ケース33】

3

2020年10月28日 12:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
子どものハロウィンの準備のとき思いがけず目にした、チョコレート。それを見た瞬間、幼いころの苦い記憶がよみがえりました。



【後編】ネグレクトの記憶がチョコレートでよみがえる。_005
【後編】ネグレクトの記憶がチョコレートでよみがえる。_006
母は確かに毒親だった……。でも母親なりの「愛」を持っていたのかもしれないと、少しだけ気づくことができました。
久しぶりに食べたチョコレートは、想像以上に甘く、なんだかお母さんに会いたくなる味がしました。
お母さん、絶望だらけの日々だったけど、お母さんが持ってきてくれたコンビニ弁当やチョコレートは、お母さんの愛情だったと思っていいですか……?

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。
人気記事:【前編】「叱らない」育児をするのはいいけれど……悪いことをしても叱らない親に困ってます
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・上野りゅうじん

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 残念なことに、愛情があっても、『保護者』になれても『親』には向かない人、『親戚』くらいがちょうど良い人がいるんだよね。要は、メインではなくサブが、ソロよりオーケストラが性に合うタイプ。このお母さんも、オーケストラタイプだったのかもしれない。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 残念なことに、愛情があっても、『保護者』になれても『親』には向かない人、『親戚』くらいがちょうど良い人がいるんだよね。要は、メインではなくサブが、ソロよりオーケストラが性に合うタイプ。このお母さんも、オーケストラタイプだったのかもしれない。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定