乃木坂46・山崎怜奈、白石麻衣の卒コン会場からリモート生出演 スタジオにはイジリー岡田が待機

0

2020年10月28日 13:29  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真TOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』でリモート出演の山崎怜奈の助っ人でイジリー岡田が登場(C)TOKYO FM
TOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』でリモート出演の山崎怜奈の助っ人でイジリー岡田が登場(C)TOKYO FM
 人気グループ・乃木坂46の山崎怜奈が、28日放送のTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(月〜木 後1:00)に、同日行われる白石麻衣の卒業配信コンサート会場の駐車場からリモート生出演。「リスナーのみなさん聞こえていますかね? 大丈夫かな。がんばりますね。慣れてない、頑張ります。きのう(ゲスト出演した)伊集院光さんにパワーをもらったから」と意気込んだ。

【動画】新番組への意気込みを語った山崎怜奈

 22日放送の同番組内で「ここ1ヶ月間の悩みとして、白石麻衣さんの卒業コンサートのリハーサル時間とオンエアがかぶっている件があって…」と悩んでいた山崎は、秋元康氏との電話で「リハーサルが朝から本番前まであって、最終リハーサルも白石麻衣さんの勇姿を見守りたいし、この番組も命にかえて守りたいっていうのもあって…」と胸の内を相談。秋元氏が「やっぱりせっかくの白石の卒業ライブだから、それはちゃんと乃木坂のメンバーとして出席した方がいいと思うし、あとはリハーサルの合間に白石の方に迷惑をかけなければ、どこからか中継させてもらったら?」と提案した。

 秋元氏は「山崎としては『だれはな』もやりたいんだろう?」と確認し、「放送が途切れちゃうと迷惑をかけるから、スタジオに誰かいてもらって、山崎自体は会場から中継しながら、その臨場感を聞きたいっていう方もいらっしゃるかもしれないから。リハーサルで行かないといけない時は、スタジオでつないでもらうとか、連携がとれるっていうのがいいんじゃないの?」とスタジオに代理を立て、山崎はリハーサル会場からのリモート出演するプランを披露したが、その言葉通り、スタジオにはイジリー岡田が控えることとなった。

 イジリーは「始まりました。『イジリー岡田の誰かに話したかったこと。』。白石麻衣さんの卒業コンサートの大事なリハーサルということで、私が代役をさせていただきます。私、駅から歩いて来ましたけどもすっかり秋の香りが…」と今の季節を踏まえたフリートークを軽快に行っていくと、山崎が「イジリーさん(笑)。後輩のこと食わないでください(笑)。イジリーさんがこんな感じで語っているの聞いたことないから、面白すぎます」と笑顔でツッコミを入れながら「きょうのお昼は、ガパオ、豆腐と焼きそばとみそ汁といろいろありました」とケータリングの様子を伝えるなど、和やかな雰囲気で番組が幕開けした。

 番組内で流れる楽曲が、2曲続けて乃木坂46のものであったことから、SNS上では「乃木坂祭りだ」と歓喜の声が上がっている。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
    ニュース設定