元飲食店長に有罪=3人死亡ビル火災―広島地裁

170

2020年10月28日 17:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 広島市中区の雑居ビルで2015年、メイドカフェの従業員ら3人が死亡した火災で、重過失失火と重過失致死傷の罪に問われたビル内の別の飲食店元店長、高沢愛章被告(29)の判決が28日、広島地裁であった。冨田敦史裁判長は禁錮3年、執行猶予5年(求刑禁錮4年)を言い渡した。

 被告がガスバーナーでゴキブリを駆除したことが出火原因とされたが、弁護側は因果関係などを否認し、無罪を主張していた。冨田裁判長は、被告の行為が出火原因であることに合理的な疑いの余地はないと判断。建物の延焼や死傷者を出すなどの危険性は容易に予見できたと指摘し、重過失も認めた。

 判決によると、高沢被告は15年10月8日午後9時40分ごろ、ビル1階の階段でアルコール製剤とガスバーナーを使用しゴキブリを駆除した際、段ボールの箱などに引火させて火災を引き起こし、メイドカフェの女性従業員=当時(28)=と男性客2人=いずれも当時(36)=を急性一酸化炭素中毒などにより死亡させたほか、3人にけがをさせた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 東住吉事件みたいにレイプした小学生の義理の娘が妊娠したか証拠隠滅を兼ねて焼殺の保険金殺人をやらかした犯人は真っ黒なのに在日特権で訳の分からん延焼実験で無罪と高額な国家賠償をせしめた事例もあったよね。
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • ゴキブリ焼いても店焼くな
    • イイネ!73
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(127件)

ニュース設定