「ちゃんとスパークしてる!」「本物かと思った」 パンタグラフまで“ガチ”なリアルすぎる鉄道ジオラマが話題に

6

2020年10月28日 19:58  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真新幹線が高速通過、ここはどこの駅なのでしょう……。え? これNゲージ?
新幹線が高速通過、ここはどこの駅なのでしょう……。え? これNゲージ?

 新幹線がバチバチとパンタグラフの火花を散らしながら、夜の駅を高速通過──。ガチなクオリティーで再現した鉄道ジオラマの動画に「これすごい」「ホンモノかと思った」と驚く人が続出しています。



【その他の画像と動画を見る】



 投稿したのは、くるむせんせい(@Dukurumuteacher)さん。くるむせんせいさんのお父さん、内トフ(@uchitofu)さんが製作したというNゲージの走行シーンがすごいです。



 新幹線の駅にやってきたのは100系新幹線「グランドひかり」。明るいホームとまばらに灯る背景やビルの明かりが相まって「夜の新幹線通過駅」の雰囲気がとてもよく出ています。



 通過する100系の車内にはライトを組み込んであり、夜を走る姿はより臨場感があります。



 さらに! 屋根上のパンタグラフが青白く光り、架線の間で発生するスパークも再現しています。模型では極小サイズになるパンタグラフですが、この大きさでスパークをしっかり見せるとは……再現度の高さに驚きです!



 そんなリアルな作り込みに、ネットでも「本物かと思った」「音も聴こえるんじゃなかろうか」などの反応がたくさん。特に、パンタグラフからのスパークには多くの鉄道ファンが驚いています。



 思わず見入ってしまうこのガチな鉄道レイアウト。製作したお父さんの内トフ(@uchitofu)さんにお話を伺いました。



──リアルな走行シーンに一瞬ホンモノと見間違えてしまいました……! こちらはどんな目的で製作されたのですか? また、こだわりポイントがありましたら教えてください



 この鉄道ジオラマの所有者と2人で楽しむために製作しました。やはり「夜景」、そして「パンタグラフのスパーク」がウリですね。



 製作期間はここまでで約10年。細かいところはまだ未完成です。実は一度レイアウトが気に入らないところがあって、ぜんぶ壊してからまた製作し直しています。



──見どころの「パンタグラフのスパーク」はどのように再現したのですか?



 エクシンテックで購入した、パンタスパークをする基板と配線済みの1005サイズチップLEDを組み込んで再現しました。



──こちらの鉄道ジオラマ……どのくらいの大きさなのですか



 約30畳はありますね。今後も増築予定です(笑)。



──ひぇぇ、巨大! 周囲の反響はいかがですか?



 今回の動画は想像を超える反響でした、YouTubeチャンネルの登録者も1日で150人以上増えました。「リアル過ぎる」「本物だ」なんてうれしいお言葉をたくさんいただきました。



 鉄道模型のすばらしさが、好きな人にも、興味がない人にももっと伝わればなぁ……と思います。



 隔週の土曜日の夜にYouTubeライブ放送をしているので、今まで以上にいろんな人に参加していただき、楽しい時間を共有できればなと思っております。



--



 登場する鉄道ジオラマは、内トフさんが運営に携わるやすきちさんYouTubeチャンネルで紹介しています。



 ガチで作り込まれた景色や精密な車両が走る、遊び心あふれる鉄道ジオラマ、次はどんな鉄道シーンが再現されるのか楽しみです!


このニュースに関するつぶやき

  • 細部にわたりこだわりが見える作品は、芸術品と言えるのではないでしょうか?
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 細部にわたりこだわりが見える作品は、芸術品と言えるのではないでしょうか?
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定