アーモンドアイに死角あり。天皇賞・秋はコントレイルに似た血統馬に注目

2

2020年10月29日 06:21  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 11月1日、東京競馬場でG掬傾直沺秋(芝2000m)が行なわれる。

 古馬による秋の中距離G気僚蘋錣箸覆襪海琉貔錙今年は12頭と少頭数ながら、7頭のG鞠呂揃う中身の濃いメンバー構成となっている。中でも注目されるのは、昨年の同レース勝ち馬であり、JRA芝G毅絃〔椶凌卦録がかかるアーモンドアイ(牝5歳/美浦・国枝栄厩舎)だろう。

「現役最強」と目されている存在だが、アーモンドアイに死角があるとすれば、5歳という馬齢だ。天皇賞・秋における5歳牝馬の成績は、20頭が走ってわずか1勝、2着1回という成績。その1勝を挙げたのは、2005年に14番人気の超人気薄だったヘヴンリーロマンス。同馬は4歳暮れに本格化した遅咲きの馬で、その天皇賞・秋がG欺蘊〕だった。

 一方、敗れている馬には錚々たる馬名が並ぶ。2014年には、それまでG毅蕎,量礁謄献Д鵐謄ルドンナが2番人気で2着。前走のG喫塚記念(阪神/芝2200m)で9着と敗れていたとはいえ、春には世界の強豪相手にG汽疋丱ぅ掘璽泪ラシック(メイダン/芝2410m)を勝利していた馬だ。

 2011年のブエナビスタも、前年の天皇賞・秋などG毅犠,魑鵑欧討い拭勝ち星からは1年ほど遠ざかってはいたが、前走の宝塚記念でも2着と安定した走りを見せていた。しかし、天皇賞・秋では1番人気ながら4着になり、日本のレースで初めて3着を外している。

 さらに2009年のウオッカもそう。牝馬にして日本ダービーを勝った女傑は、前年の天皇賞・秋でダイワスカーレットと歴史的名レースを繰り広げてレコード勝ち。2009年の春はG汽凜クトリアマイル(東京/芝1600m)、G軌妥諜念(東京/芝1600m)を連勝し、秋初戦のG極萋王冠(東京/芝1800m)で2着に入ってからの出走だったが、天皇賞・秋では3着に敗れている。

 そのほか、G汽疋丱ぅ拭璽奸淵瓮ぅ瀬鵝深1800m)などG毅仮,離凜ブロスが、2018年に7番人気で8着、2006年にはG喫塚記念などG毅馨,離好ぁ璽廛肇Ε轡腑Δ1番人気で5着など、牡馬相手にG気鮠,辰討い震礁討相次いで敗れている。

 唯一勝利している遅咲き馬のヘヴンリーロマンスは、アーモンドアイや前述の馬たちが3歳春のクラシックに出走していた頃に500万下(現在の1勝クラス)を走っていた馬で、4歳暮れに急激に伸びた。一方でジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウオッカといった3歳頃からとてつもない強さを見せている馬が、その能力を5歳まで持続するのは難しい。これらの馬たちは天皇賞・秋で敗れたあとにも、2400m以上のG汽譟璽垢鮠,辰討呂い襪、よりスピードが求められる2000mのG気脇颪靴ど分があるかもしれない。

 アーモンドアイは前走の安田記念で2着。初めて中2週というレース間隔で出走し、稍重馬場で出遅れて流れに乗れなかったなど、敗因はいくつか考えられる。ただ、昨年のG詰馬記念(中山/芝2500m)で9着になるなど、今では決して絶対的な存在とも言いきれない。

 サラブレッドも5歳になると、目に見えない肉体的・精神的な衰えが出てきても不思議はない。4馬身差で圧勝した、今年5月のG汽凜クトリアマイルくらいの走りができれば問題ないだろうが、5歳秋初戦の馬が単勝2倍を切るくらいの人気になるようなら、ちょっと疑ってかかりたいところだ。

 そこで狙いたいのが、ダノンキングリー(牡4歳/美浦・萩原清厩舎)だ。




 同馬はG橘ぞ〕ながら、今年のG驚羯概念(中山/芝1800m)など重賞3勝。昨年のG菊本ダービー(東京/芝2400m)2着など、G気任盒郎垢両”蕕魴り広げている。

 特にすばらしい内容だったのが、昨年の毎日王冠。出遅れて最後方からの競馬となったが、直線では怒濤の追い込みで1馬身1/4差の完勝。勝ちタイム1分44秒4はコースレコードに0秒2差に迫る好タイムだった。

 昨年は天皇賞・秋には出走せず、G汽泪ぅ襯船礇鵐團ンシップ(京都/芝1600m)に出走して5着だったが、今春の安田記念でも7着と敗れたように1600mはベストの条件ではないのだろう。G蟻膾綰奸丙綽澄深2000m)やG技月賞(中山/芝2000m)で3着に入っていることからも、2000mのほうがいいのは明らか。1800m以上ではすべて3着以内&勝ち馬から0秒1差以内に入っている。

 東京コースではG袈ζ営命杯(芝1800m)も勝っており、コース適性も問題ない。また、約5カ月ぶりとなるレース間隔も、昨年の毎日王冠が約4カ月半ぶりのレースだったことを考えれば問題ないだろう。

 続いて血統を見てみよう。父ディープインパクト、母の父ストームキャットの配合は日本ダービー馬のキズナなど、国内外で8頭のG鞠呂出ている"スーパーニックス"。天皇賞・秋では、ドバイターフの勝ち馬でもあるリアルスティールが2着に入っている。この配合馬は10頭の重賞勝ち馬のうち8頭がG鞠呂砲覆辰討り、一定の実力があればG気砲蘯蠅届くという傾向がある。すでにG亀蕕領呂鮓せているダノンキングリーがG汽曄璽垢砲覆覯椎柔は高い。

 母系は、兄ダノンレジェンドが地方交流GJBCスプリント勝ち馬で、祖母が米GBCジュヴェナイルフィリーズ勝ち馬カレシングという良血。ディープインパクト産駒で祖母がBCジュヴェナイルフィリーズ勝ち馬といえば、「無敗の三冠馬」となったコントレイルと同じだ。

 コントレイルとは、ストームキャット、リローンチと、母系に入る血の共通点も多い。競馬では同じ種牡馬の産駒や、似た血統の馬が続けて結果を出す"血統の連鎖"といった現象も起こりやすく、ダノンキングリーはそれに当てはまる血統馬だ。

 以上、今年の天皇賞・秋はアーモンドアイの実力を認めつつ、敗れる可能性もあると考えてダノンキングリーを中心に狙ってみたい。

このニュースに関するつぶやき

  • ダノンキングリーは2000m以上がいいんじゃなくて1800mがベストなのよ。日本にも芝千八のGIがあればよかったのにね(・ω・)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定