AMD、リアルタイムレイトレーシング対応「Radeon RX 6000」シリーズ発表 「Big Navi」搭載、579ドルから

1

2020年10月29日 13:42  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真Radeon RX 6900XT
Radeon RX 6900XT

 米AMDは10月28日(米国時間)、PC用グラフィックスカード「Radeon RX 6000」シリーズを発表した。新しい「Radeon DNA 2」(RDNA 2)アーキテクチャに基づく7nmプロセスの「Big Navi」をコアに搭載。同社のPC向け製品としては初めてリアルタイムレイトレーシングをサポートし、先行するNVIDIAの「GeForce RTX 3000」シリーズに対抗する。



【その他の画像】



 エントリーの「RX 6800」とミッドレンジの「RX 6800XT」の価格はそれぞれ579ドル(約6万円)、649ドル(約6万8000円)で、11月18日発売。フラグシップの「RX 6900XT」は999ドル(約10万4000円)で、12月8日の発売を予定している。GDDR6メモリはいずれも16GB。演算ユニット数は60、72、80。ゲームクロックはRX 6800で1815MHz、RX 6900XTで2015MHz。ブーストクロックはRX 6800で2105MHz、RX 6900XTで2250MHz。



 RDNA 2アーキテクチャはリアルタイムレイトレーシング対応に対応している新世代ゲーム機「PlayStation 5」「Xbox Series X」で先行して採用されている。



 PCIe 4.0に対応し、低レイテンシと電力消費の効率化に貢献するという「AMD Infinity Cache」、AMD Ryzen 5000シリーズとAMD B550/X570マザーボードと組み合わせた際にグラフィックスメモリへのアクセスとCPUの高速化を実現するという独自機能「AMD Smart Access Memory」もサポートする。



 Radeon RX 6000シリーズでは米MicrosoftのDirectX 12 UltimateとDirectX Raytracing(DXR)に対応。Variable Rate Shading(VRS)により、同一フレーム内で異なるシェーディングレートを変更可能にすることで画質を劣化させずにパフォーマンス向上を実現するという。ライティング、シャドー、リフレクションなどのエフェクトを集めたゲーム開発者向けのオープンソースツールキット「AMD FidelityFX」も提供する。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定