【結婚】一番好きかは関係ない!? “愛してくれる男性”がもたらす3つの幸せ

1

2020年10月29日 14:11  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
「この人が一番好き」

(あっ、地雷かも)マッチングアプリで出会ったこんな女性 #1「強すぎる」

一人の男性に対して、盲目的にそう考えていると、何度振られても諦めることは難しいですよね。

しかしその一方で、「女性は愛される方が幸せ」とよく耳にするのも事実。追うより追われる方が女性は幸せ、ということですね。

今回は、筆者の友人で「一番好きなわけではないけれど、自分を愛してくれる男性」と結婚し、見事幸せを掴んだ女性がいるので、その体験談を紹介します。

「愛してくれる男性」だからこその幸せポイントを学んでいきましょう。

■「愛してくれる男性」と結婚した女性

「一人の男性に対して、勝手に『この人しかいない』と思ってずっと告白してはフラれていて。相手から『しつこい』と言われてやっと、ダメなんだ……って気づけました。

そのタイミングで両親にお見合いをすすめられて『気持ちを切り替えるチャンスかも』と軽い気持ちでOKしました。

お見合いの相手はとても優しい人で、デートでもドアを開けてくれたり、『疲れていない?』と心配してくれたり。

結婚に関しては、一番好きでないから迷ったけど、実際は“愛される幸せ”を毎日感じています。

今は、一番にこだわる必要ってないのかもしれないと思っています」

筆者はこの友人に、「結婚する」と言われた時「他にあんなに好きな人がいたのに?」と驚いたことをよく覚えています。

好きな人と結ばれるからこそ幸せだと思っていたので、「自分を愛してくれる男性」との幸せの形について初めて知りました。

■「愛してくれる男性」がもたらす幸せポイント

■1: 絶対的な安心感がある

「好きで仕方ない」と感じさせる男性はモテるタイプであることがほとんど。すると「浮気されるかも」「私のこと好きでいてくれるかな?」と常に心配ばかりすることになります。

でも、これが愛してくれる男性なら、「一途に思ってくれる真面目さ」と「あなただけに注がれる優しさ」があるので、絶対的な安心感が得られるのです。

例えば、あらかじめ「結婚のことも考えているからね」と言ってくれたり、「仕事頑張っているね」と頭をなでてくれたりします。

いつでもあなたのことを最優先してくれるので「私は愛されている」と実感できることがたくさんあるでしょう。

■2: いつも対等な関係

一番好きな男性とお付き合いすると「惚れた弱み」から対等な関係を築くことが難しいことも。

「会ってもらえるかな?」と下手に出たり、「いつもLINEの返信くれない」と不満があっても言い出せなかったりします。

しかし、愛してくれる男性なら「嫌われたらどうしよう」という気持ちが一切ないので、率直に「すぐに会いたい!」「もっとマメにLINEしてよ」と言えるようになります。

お付き合いをするのなら、お互い意見が言い合える仲でないとたちまちストレスが溜まってしまうので、対等な関係でいるのは二人の仲が長続きする秘訣でもあります。

■3: どんどん好きになる

見た目や第一印象で完璧な印象を与えてくれる男性に対して、「見た目だけで中身がない」「人の悪口で笑いを誘ってばかり」と本質を見抜いてしまった瞬間、その評価は急降下しますよね。

しかし、第一印象はそれほどでなくても、しっかりと関係を築いてくれる愛してくれる男性はその逆。

少しずつ相手のことを知っていくので「子どもっぽいところもある」「寝起きの悪さが可愛い」など、意外なところから「好きな気持ち」がどんどん膨らんでいくでしょう。

減点方式ではなく加点方式になるため毎日幸せを感じることができます。



誰しも「一番好きな人と恋愛や結婚をするからこそ幸せになれる」と思いがちですね。しかし、筆者の友人のように一番にこだわることをやめた途端、愛される喜びを知るケースも。

ご紹介した「幸せポイント」を参考に、愛してくれる男性との恋愛も視野に入れてみてくださいね。

このニュースに関するつぶやき

  • 人に『愛してもらう』には当然自分も相手を『愛さなければいけない』。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定