吉田鋼太郎、健康の秘訣はウォーキングと半身浴 衰え感じるも「いろいろなものの力を借りて乗り切りましょう」

0

2020年10月29日 16:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真吉田鋼太郎扮する、”血圧放置さん”を取り締まる「血圧取締官」
吉田鋼太郎扮する、”血圧放置さん”を取り締まる「血圧取締官」
 俳優の吉田鋼太郎が、ファンケル「機能性表示食品『血圧サポート』」のテレビCM「取締り」篇に出演。高めの血圧を放置し自由に食事する“血圧放置さん”を取り締まる「血圧取締官」をコミカルに演じた。

【動画】時にコミカルに、時にシリアスに”血圧放置さん”を取り締まる「血圧取締官」役の吉田鋼太郎

 本CMは、吉田演じる「血圧取締官」が、「自分はまだ大丈夫」とアピールするサラリーマンに「血圧放置」が体によくないと叱責し、高めの血圧対策の大切さを伝えるもの。ラーメン屋の前で取り締まるシーンからスタートした撮影では、吉田は台本にないアドリブを次々と展開。「高めの血圧、放置してるでしょ?」とサラリーマンに語り掛けるシーンでは、監督から「ニヤリと笑った感じ、シリアスな感じ、ウィスパーな感じで演じてみてください」と、まとめてオーダーされると、「まだパターンあるかな〜?」と言いながら、同じセリフとは思えないほど雰囲気の異なる演技を何パターンも披露。勢いがつきすぎて、自身も想像していなかった演技になり「あ、今のは違ったな。なんか変な感じだった」と照れ笑いをみせ、周囲を和ませた。

 撮影にあたり、生まれて初めて3日間のファスティング(断食)に挑戦したという吉田は、「健康のための製品のCMに起用していただいた人間が、不健康ではしょうがないわけですから。これからもなおいっそう健康には気を付けて、CMの顔にならなければと責任重大だと感じています」と健康管理の決意を撮影後のインタビューで明かした。

 また、普段からスポーツをやっているわけではないという吉田だが、「日常で負担をかけずにやれることが続くのではないかということで、ウォーキングはほぼ毎日、できるときは2時間、最低1時間は歩くようにしています。あとは半身浴。ぬるいお湯に1~2時間くらい浸かって、いただいた台本のセリフを覚えたりしています。もう20年くらい続けていますね」と自身の健康法を披露する一方、「私は今61歳ですが、自分の身体が衰えてきていると感じることがあり、足を前へ踏み出すことを躊躇するような機会も多くなってきました」と告白。

「しかし弱気になることなく、食べ物や飲み物、サプリメントなど、いろいろなものの力を借りて乗り切りましょう。人生100年時代ですから、60代の方は40年、50代の方はあと50年、まだまだ老いていく年ではないので頑張りましょう」と、同世代の人々へエールを送った。

 本CM「取締り」篇は、YouTubeチャンネル「FANCLjapan」でメイキングとともに公開中。11月1日より全国でオンエアされる。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定