「七五三」と書いて「しめ」さん  不思議すぎる名字の漢字表現、いくつ読める?

2

2020年10月29日 17:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真「七五三」という名字を見たら大半の人は「しちごさんさん?」と聞いてしまうだろう(イラスト/桔川伸)
「七五三」という名字を見たら大半の人は「しちごさんさん?」と聞いてしまうだろう(イラスト/桔川伸)
 名字を聞いてびっくりした経験は誰でもあるでしょう。今回は、知らないと読めない珍しい名字にまつわる漢字のうんちくを紹介します。実在するかどうか不確かなものもありますが、なるほどと思う由来を楽しんでください。

【表】これは読める? 読み間違いやすい大学一覧

*   *   *
1.四月一日(わたぬき)
〜春に綿入れの着物から袷へと衣替え

 日付に独特な読みを当てている名字です。「四月一日」は、春になって暖かくなるこのころに、綿入れの着物を脱いで袷(あわせ)へと衣替えをすることから、「わたぬき」と読むのです。「四月朔日」などとも書きます。もともとは「綿貫」だった人々が、これらの字を当てたといわれています。ほかに、「六月一日」は瓜の実が割れるころなので「うりわり」、「八月一日」は旧暦で稲を収穫し稲穂を積む時期なので「ほづみ」と読みます。

2.京(かなどめ)
〜いろはかるたは最後に「京」で終わる

 かるたが由来になっています。かつての「いろはかるた」は、地域によって内容が異なりましたが、江戸や上方では最後の札が「京」です。「いろはにほへと」で始まり、「ゑひもせす」で終わった後に「京」がつくのです。そこから、「京」で「かな」が「終わる」ので「かなどめ」と読むようになったといわれています。ちなみに、いろはかるたの最後になぜ「京」がつくのかはわかっていません。

3.月見里(やまなし)
〜山がないと月がよく見える

 甲斐国の山梨氏が分家の際に用いた当て字が由来です。「やまなし」を「山無し」とし、山がないと月がよく見えることから「月見里」の字が当てられたのです。山梨は本来、「山成し」が由来で山が多いという意味でしたが、当て字をくりかえすうちに、真逆の意味へと変わってしまったのです。

4.一口(いもあらい)
〜出口が一つしかないと芋洗い状態になる!

「一口」は、出口が一つということです。出口が一つだと、人が大勢いるときなどはいわゆる「芋洗い状態」になることから、「いもあらい」と読むのだといいます。京都には「一口」と書いて「いもあらい」と読む地名があります。かつて三方を池に囲まれ、出口が一つしかなかったことから「一口」と表すようになったと考えられています。読みは、水害による疫病などが多かったことから「忌(い)み」を「祓(はら)う」という願いを込めて「いみはらい」とし、のちに変化して「いもあらい」になったともいわれています。

5.栗花落(つゆり)
〜栗の花が落ちるころに梅雨入りする

「つゆり」は「つゆいり」が変化した読みです。梅雨入りするころに栗の花が落ちることから、「栗花落」と書いて「つゆり」や「つゆ」と読むようになったといわれています。旧暦の5月のはじめごろにあたるので、「五月七日」の字を当てることもあるといいます。

6.太古前(たいこまえ)
〜最も古い名前を求めた結果……

 読み方は普通ですが、面白いエピソードが残っています。明治になって、すべての国民が名字をつけることになり、それまで名字のなかった人は役所で登録することになりました。そこで、日本でいちばん古い名字を希望した人がいたそうです。役所の人は「古代」を提案しましたが、もっと古いほうがいいといわれ次に「太古」を提案。そして、さらに古いものということで「太古前」になったといわれています。

7.七五三(しめ)
〜七筋、五筋、三筋の藁を注連縄に垂らした

「注連縄(しめなわ)」に由来する読みです。注連縄は、ねじった縄の下に藁(わら)や垂(しで)という紙がぶら下がっていますが、もともと藁は向かって右から順に七筋、五筋、三筋と決まっていました。そこから「七五三縄」とも書くようになり、「縄」を取った「七五三」で「しめ」と読むようになったのです。漢数字の熟語による変わった名字では「九十九」と書いて「つくも」や、「五六」で「ふのぼり」などもあります。


※漢字エンタメ誌「みんなの漢字」2019年5月号から抜粋
監修/久保裕之(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所)

このニュースに関するつぶやき

  • 七五三男さんという下の名前は聞いたことがある。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定