コロナ対策、延長議論=12月にも判断―日銀

3

2020年10月29日 17:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真記者会見する黒田東彦日銀総裁=29日午後、日銀本店(代表撮影)
記者会見する黒田東彦日銀総裁=29日午後、日銀本店(代表撮影)
 日銀は29日の金融政策決定会合で、長短金利操作を柱とする大規模な金融緩和策の維持を決めた。黒田東彦総裁は会合後に記者会見し、企業の資金繰り支援など来年3月末を期限とする新型コロナウイルス対策について、「必要と判断すれば期限を延長する」と表明した。早ければ12月の次回会合で議論し、判断する可能性がある。

 日銀はコロナ対策として、中小企業への実質無利子・無担保融資に取り組む金融機関などに対し、有利な条件で資金を供給する仕組みを導入した。大企業向けにはコマーシャルペーパー(CP)や社債の買い取り枠を大幅に拡大。いずれも今年度末を期限としている。黒田総裁は「緩和措置を拡大することは十分可能だ」と述べ、対策の拡充も示唆した。

 日銀は会合後、「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)を公表。2020年度見通しについて、実質GDP(国内総生産)を前年度比マイナス5.5%(前回7月マイナス4.7%)、生鮮食品を除く消費者物価指数をマイナス0.6%(同マイナス0.5%)にそれぞれ下方修正した。 

このニュースに関するつぶやき

  • イコール紙幣擦りまくりで、バブルを膨らませ続ける。つまり借金。それが弾けたら国民が背負う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 日限といえばもはやマイナス金利という言葉以外浮かばないなあ・・いつまで続けるんでしょうか。銀行の首締めると結局一般顧客の私らへのサービスも低下しワリを食ってる気がする。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングトレンド

ニュース設定