防火貯水槽の遺体は46歳男性=暴力団関係者らを聴取―千葉県警

28

2020年10月29日 19:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 千葉県印西市小林の防火貯水槽内で男性の遺体が見つかった事件で、千葉県警が暴力団関係者らから事情聴取していることが29日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、男性が何らかのトラブルに巻き込まれたとみて、捜査を進める。

 県警によると、男性は運送業の宮内孝介さん(46)=同県成田市はなのき台=。16日、自宅を出た後に連絡が取れなくなり、妻が24日、成田署に行方不明届を出していた。

 司法解剖の結果、宮内さんは首の動脈損傷による出血性ショックで死亡したとみられる。県警は、宮内さんが別の場所で殺害された後、防火貯水槽内に遺棄されたとみて、経緯などを詳しく調べる。 

このニュースに関するつぶやき

  • 屋外現場近くの防火水槽に、夜な夜な「出る」ことを思い出しだよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • どうやら遺体の左足部分に切断したような跡があるみたいね。死体をバラバラにも出来ずに見つかりやすい所に捨てるなんて素人丸出しじゃん。普通はコンクリート詰めにして東京湾に捨てるのでは?
    • イイネ!29
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(21件)

ニュース設定