『RIDE ON TIME』Aぇ! group&Lil かんさいによる無観客生配信ライブの裏側に密着

0

2020年10月30日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』に出演するAぇ!group(上)、Lil かんさい(下) (C)フジテレビ
『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』に出演するAぇ!group(上)、Lil かんさい(下) (C)フジテレビ
 華やかなエンターテインメントの世界とその裏にある苦悩や葛藤を長期取材する、フジテレビの深夜番組『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』。30日放送のEpisode2「試練の無観客」(深夜1:05)では、関西を拠点に活躍の幅を広げる関西ジャニーズJr.のユニット、Aぇ! group、Lil かんさいを中心に特集。新型コロナウイルスの影響により軒並みライブが中止になるなか、関西Jr.の聖地である大阪・松竹座で無観客生配信ライブを行った2組が切磋琢磨しながら奮闘する姿にカメラが迫っていく。

Aぇ!groupのTV出演歴

 コロナ禍の今だからこそ届けられる事はないかと、関西出身ジャニーズたちが無観客生配信ライブを行う一大プロジェクト『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 〜大好きなこの街から〜』。自分たちを育ててくれたホームグラウンドのような大切な存在・松竹座でライブを敢行することになったのが、20代のメンバーを中心にバンドと笑いを武器とする個性派6人組・Aぇ! group。そしてキラキラのアイドル路線を行く現役高校生5人組・Lil かんさいだ。

 彼らにとって“無観客”での生配信は初めての経験。しかも今回は、歌やダンスだけでなく、ライブのほとんどがコントという構成に。普段は観客のリアクションや笑い声の中で行うコントを、無観客の中で行わなければならない。Jr.の育成、公演のプロデュースも手掛ける関ジャニ∞の横山裕は「これは本当に厳しい戦いになるぞ」とメンバーに伝えた。

 どうすれば画面の向こう側にいるファンへ、熱を届けることができるのか。リハーサルと同時進行でコントの構成を組み立てる横山は「テンポでいかないと結構キツイと思う、配信のコントって。できるだけ間をカットした方がいいんじゃない?」と、観客の笑い声がない場をイメージしながら演出をしていく。

 この横山の存在こそが、Jr.たちに一種の競争意識を芽生えさせていた。Aぇ! groupの最年少、佐野晶哉は「何が一番うれしいかって横山くんが笑ってくれた時が一番うれしいから、今回ちょっと悔しい」と、横山が他のJr.の芝居に思わず吹き出した時の気持ちを語る。緊張のライブを終えたボーカル・末澤誠也は「ステージに立つのが好きなんやなって改めて思いましたね」と再び立つことが叶った舞台への喜びを噛み締めた。

 次に生配信ライブを行ったLil かんさい。リハーサルでは後輩たちをリードすることができず、ステージ全体が締まりのない状況になってしまう。大きなプレッシャーが、若い彼らの背中にのしかかっていた。後輩たちの間にも戸惑いが広がる。やがて、彼らは手探りで後輩たちをリードし、リラックスさせていく。座長としての自覚が徐々に芽生えつつあった。

 センターの嶋崎斗亜は「そこまで責任感を持てていなかったんですよ、今まで。今回は僕たちが一番お兄ちゃんだし、小さい子たちも目立たせてあげんとアカン。僕たちもこれを乗り越えて、いいグループになっていけたらね」と笑顔を見せた。先輩に頼ってきた立場から後輩を引っ張っていく立場になる。関西ジャニーズならではの伝統の階段を一歩ずつ登っていく。お互い切磋琢磨し、時にはライバル意識を持ちながら上を目指していく関西Jr.たち。彼らの知られざる素顔とエネルギーあふれるステージが映し出される。
    ニュース設定