マニアが教える「巻きずしが最高にウマいくら寿司」は板橋区のみ 他とは完全に違う

2

2020年10月30日 10:31  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

Go To Eatキャンペーンが適用になってから、もともと人気が高かったくら寿司の人気がさらに高まっている。

くら寿司の料理はどれもクオリティが高いのだが、巻きずしは広報いわくかなり高級なマシンを使っているとのことで、海苔はパリっと仕上がって確かにウマい。

画像をもっと見る

■巻きずしがウマいくら寿司

しかし、そんなくら寿司の巻きずし、じつは店によって完成度がかなり違うことをくらマニアならきっと知っているだろう。記者は東京23区西部・北部のくら寿司はほぼ網羅しているのだが、とくに巻きずしが美味しいのは板橋区の店。

その中でも2店を挙げるとしたら『セブンタウン小豆沢店』と『高島平店』である。ここの巻きずしは、明らかにほかのくら寿司よりも美味しいのだ。

関連記事:くら寿司の500円海鮮丼をタダで「1000円の味」にする方法 寿司の定番で…

■セブンタウン小豆沢店で注文した巻きずし

現物をお見せして説明しよう。こちらはセブンタウン小豆沢店で注文した巻きずしだ。

表面を見るとわかるが、酢飯がまったく潰れておらず、米粒がしっかり1粒1粒ほど良いディスタンスを取っている。口の中に入れるとパリッとした海苔の風味からほどよくほぐれる酢飯の食感、そして具材の美味しさが完璧な仕上がりだということが理解できる。

■高島平店で注文した巻きずし

こちらは高島平店で注文した巻きずし。

こちらも少し密着感はあるものの、セブンタウン小豆沢店と同様に米粒が分かれておりウマい。ほぼ完璧な仕上がりと言っていいだろう。

■某店で注文した巻きずし

次に見たいのが、都内某店で注文した巻きずし。

表面を見れば明らかなのだが、こちらは酢飯が固まってしまっており、食べたときに酢飯のパラッとした感じがないのだ。十分に美味しいのだが、高島平店とセブンタウン小豆沢店のクオリティを知ってしまうと、やや不満に思えてしまうほど。

■スキルの差を感じる結果に

このようにおなじくら寿司であっても、巻きずしの差は店によってかなりある。

それについても広報に確認したところ「店員のスキルの差」という話だったので、マニュアルは統一しているものの、やはりプロ並みの腕前であるベテラン社員には敵わないのかもしれない。

・合わせて読みたい→いま、くら寿司に軽い気持ちで行ってはいけない理由 かなりの覚悟が必要

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

このニュースに関するつぶやき

  • 巻きずしでも地方地方によって中に入れる具材にもよるやん���줷�������줷�������줷����東京のあまりにも狭い中での記事やん���줷�������줷�������줷����
    • イイネ!2
    • コメント 2件
  • 巻きずしでも地方地方によって中に入れる具材にもよるやん���줷�������줷�������줷����東京のあまりにも狭い中での記事やん���줷�������줷�������줷����
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定