ミシガン大、蝶に超軽量センサーを載せて追跡!

1

2020年10月30日 11:01  Techable

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
ミシガン大学らの研究チームは、超軽量センサー「ミシガンマイクロモート(M3)」の最新版をテストしている。センサーは、渡りをすることで知られる蝶「オオカバマダラ」に取り付けられ、移動を追跡する。

ナショナルジオグラフィックが資金提供した同プロジェクトでは、オオカバマダラの生態を調査。詳細な移動ルートの分析結果は保護活動に役立てられるとのこと。
数秒単位で移動中の環境条件をキャプチャM3は、スマートセンシングシステムとして機能するエネルギー自律型のコンピューティングシステムだ。重量は約50mgと、これまでの最軽量クラスの追跡デバイスの10分の1程度で、蝶の背中に載せても支障がない。

研究チームが、事前テストの一環として、M3を蝶に取り付け室内環境で監視したところ、代謝の変化など蝶への悪影響はみられなかったとのこと。

M3によって光や温度、気圧といった移動中の環境条件を数秒単位でキャプチャし、長距離送信する。キャプチャされたデータをアルゴリズムによって分析し、移動ルートを再構築する計画。
ディープラーニングアルゴリズムで環境データを評価これまでの方法では蝶に紙タグをつけ、越冬地で標本を捕まえて回収する。この方法だと、始点と終点しかわからないのに対し、今回の方法では移動が完全に追跡可能だ。

GPSの搭載するのは重すぎるため、プロジェクトでは原始的な超低電力センサーを採用した。ディープラーニングアルゴリズムとニューラルネットワークを使用して環境データを評価。一致する条件から場所を推測する。

場所の条件として利用される環境データは、約300人の市民サイエンティストによって収集される。市民サイエンティストは、これまでにわかっている蝶の移動ルートに沿って移動。センサーをもっていき、蝶と同じ条件で環境データを収集するようだ。

研究チームは、今後1〜2年をかけて蝶の移行範囲全体を調査することを計画している。同プロジェクトがうまくいけば、ほかの野生生物にもM3が展開されそうだ。

参照元:Tracking Monarch Butterfly Migration with the World’s Smallest Computer/ The Michigan Engineer News Center

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定