若林、フワちゃん、バービー 芸人「東洋大閥」躍進の秘密は「哲学」にあり?

19

2020年10月30日 11:35  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真東洋大学出身の面々。左からフワちゃん、オードリー若林、フォーリンラブのバービー(C)朝日新聞社
東洋大学出身の面々。左からフワちゃん、オードリー若林、フォーリンラブのバービー(C)朝日新聞社
 本サイトで以前、「お笑い界高学歴化を支える『芸人慶応閥』の存在感」という記事をお届けしたことがある。オリエンタルラジオ・中田敦彦やふかわりょうなどの中堅から、「NHK新人お笑い大賞」で優勝したラフレクランの西村真二、ゾフィーの上田航平など若手でも慶応卒が増えているのだ。ほかにも中退組では空気階段の水川かたまり、40歳を過ぎてから大学院に入ったロンブー淳などもケースもある。

【写真】芸人慶應閥はこちら

 こうしたなか、勢いのある売れっ子芸人ばかりを排出している別の大学の存在がある。それが東京・文京区にある東洋大学だ。

 ざっと挙げてみると、まずはオードリーの若林正恭(42)。日本大学の付属高校から東洋大文学部に進学し、卒業。大学の広報サイトでもインタビューを受けている。また、今年大ブレークを果たしたピン芸人のフワちゃん(26)も、同大文学部の出身だ。「あちこちオードリー」(テレビ東京系・9月23日放送)に出演した際にも、若林と「同じ大学」という話で盛り上がるシーンが放送された。

「まだまだいます。最近、芸人以外の活動でも強化の高いお笑いコンビ・フォーリンラブのバービーさんも東洋大出身。また、このところ人気が上がってきているお笑いコンビティモンディの高岸宏行も、甲子園の名門・済美高校の出身でプロからのスカウトも来たほどの才能の持ち主でしたが、多くのプロ野球選手を輩出する東洋大学に進学しています。そのほか、謎掛けネタで有名なねづっちや吉本興業所属のトリオ・ネルソンズのメンバー・青山久志など、お笑い界の中でも個性的な芸人が目立っています」(お笑いライター)

 こうして見るだけでも、フワちゃんをはじめ異彩を放ったタレントが多くいるようにも思えるが……東洋大学関係者はこう見ている。

「東洋大学が特別、お笑いに強いわけではありません。お笑いサークルもそんなにあるわけではないですし、落語研究会が他大学に比べて突出して有名でなく、とくに著名な落語家は輩出していません。昭和コメディ界の“レジェンド”である植木等さんは出身者ですが……。理由として考えられるのは、マンモス大学でたくさん生徒がいるからではないでしょうか。また2部(夜間)があるので、他にやりたいことがありつつ大卒の資格もほしいという人にとって、選択肢になっているのかもしれません」

■アスリートやミュージシャンも多く輩出

 東洋大学の学生数は現在、3万1451人(1・2部、大学院/公式HPより)。マンモス校であるがゆえに運動部に力を入れていることも東洋大学の特徴の一つ。ロンドンオリンピックで金メダルを取り、その後プロ転身してWBAミドル級王者になった村田諒太は一時期、大学職員として働きながら現役に復帰。さらに、箱根駅伝で毎年上位に付けている陸上部や何人ものプロ野球選手を輩出している野球部なども有名だろう。

「運動部がめちゃくちゃ強いので、夢潰えたスポーツマンがお笑い界に転身している例がありますね。ティモンディの高岸さんは大学3年のときの右ひじの故障で野球を断念したそうです。また、ネルソンズの青山さんもレスリングの元日本代表選手で、芸名も『青山フォール勝ち』ですからね。東洋大出身の元アスリート芸人が今後も出てくるかもしれません」(前出の関係者)

 スポーツ以外でも、東洋大学にしかないユニークな学科の存在が芸人を輩出する土壌になっているという声もある。

「もともと東洋大は仏教哲学家の井上円了が設立した哲学塾が前身です。文学部にインド哲学科という変わった学科もあり、バービーさんは同学科出身です。テレビでチベット密教について語ったりしていますが、同学科はヨガの授業があることで有名です。大学全体で哲学教育に力を入れており、理系も含め、複数の学部で取り入れています。若林さんもたまに哲学の授業の話をトークでしていたりしますよね。お笑い芸人以外でも、そのままのバンド名『BRAHMAN』(インド哲学で宇宙の根源)のボーカル・TOSHI−LOWさんや、ひたすらポジティブなロックンロールを奏でる『サンボマスター』のメンバーも東洋大出身です。こうして名前が上がって面々を見てみると、哲学的な素養がお笑いと結びついている部分もありそうです」(エンタメ情報誌の記者)

 お笑い評論家で、東京大学文学部出身で哲学を専攻していたラリー遠田氏は哲学とお笑いの関係についてこう分析する。

「哲学とは、物事の根源にさかのぼって思索を深めていく学問です。お笑いというのも、突き詰めて考えると『笑いとは何か』という哲学的な問いに行き着くものであるため、両者の親和性は高いと言えるかもしれません。フワちゃんは『性善説』に興味を持って中国哲学を専攻していたと『徹子の部屋』で語っていたことがありますし、バービーさんも『人はなぜ生きるのか』ということに興味を持って、インド哲学科で仏教について学んでいたそうです。彼女たちの鋭く本質を突く思考力や頭の回転の速さは、哲学を学んだことによるものなのかもしれません。」

 若林のように内省的な思索にふけるケースも、逆にフワちゃんや高岸のようにつきぬけたポジティブな芸風も哲学的な素養の果てにあるのかもしれない。そして彼らが現在のお笑い界を席巻していることをみれば、我々が心の奥底で求めているのも、哲学的な態度なのかもしれない。(黒崎さとし)

このニュースに関するつぶやき

  • 東洋大学の軽い宣伝か。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 植木等さんが大先輩。井上円了の哲学館から始まる大学で特に文学部の評価が高い。
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ニュース設定