役所広司×西川美和監督『すばらしき世界』が観客賞!シカゴで2冠達成

15

2020年10月30日 11:42  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
役所広司と西川美和監督が初タッグを組んだ映画『すばらしき世界』。第56回シカゴ国際映画祭インターナショナル コンペティション部門に出品されていたが、この度、先日の役所さんのベストパフォーマンス賞(最優秀演技賞)受賞に続き、新たに観客賞を獲得、同映画祭にて2冠という快挙となった。



現地時間10月28日に発表された今回の観客賞の受賞発表時には、本作の“思いやり深くも鋭いストーリー”が絶賛された。

この観客賞は同映画祭に出品されている全ての外国語映画作品の中での選出(Audience Award Best International Feature)となったが、アカデミー賞に最も近いといわれている英語作品(Audience Choice Award for the Best English-Language Feature)『ノマドランド』と並んでの受賞となった。

この朗報を受けた西川監督は「とても驚いています。初めて海外の映画祭で賞をいただきました。しかも観客賞。嬉しいですねえ」と喜びをコメント。

「今年はシカゴ市内の劇場での上映はなく、代わりに全米に住む人が自宅でオンライン鑑賞することができたと聞いています。コロナや貧困や分断や自然災害など、さまざまに混乱するアメリカに住む人々が、社会の片隅で生きる人間の小さな『やり直し』の物語に、何かを感じて票を入れてくれたのだと思うと、感慨深いものがあります」と語る。


映画祭のコメントとしては、「是枝裕和と師弟関係にある西川美和」と触れられ、「彼女の思いやり深くも鋭いストーリーは、ある元犯罪者が再び社会でやり直そうとする困難を描いている。幼年時代から児童養護施設、少年院、刑務所を出たり入ったりした後、元ヤクザの三上が13年間の刑務所生活から解放された先に、何が彼を待ち構えているのか? 予期せぬところで友人や仲間に支えられながら、三上は新たな仕事と自分らしさの両方を手にするべく奮闘しながら社会生活に適応しなければならないのだ」と、西川監督が作り上げた役所さん演じる三上という人物が社会復帰に悪戦苦闘し、挫折を味わいながらも懸命に生きようとする姿と丹念に練り上げられた脚本が海を越えて広く受け入れられたようだ。

『すばらしき世界』は2021年2月11日(木・祝)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

このニュースに関するつぶやき

  • 次回アカデミー賞国際長編映画賞の日本代表作品は河瀬直美監督の『朝が来る』。恐らく、続く翌年は、西川美和監督のこの作品が日本代表作品の座に就くと予想。まあ最終の候補5枠に残れるかどうかは、また別の話だが。
    • イイネ!7
    • コメント 2件
  • 次回アカデミー賞国際長編映画賞の日本代表作品は河瀬直美監督の『朝が来る』。恐らく、続く翌年は、西川美和監督のこの作品が日本代表作品の座に就くと予想。まあ最終の候補5枠に残れるかどうかは、また別の話だが。
    • イイネ!7
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定