高相祐一が覚せい剤で再逮捕! 更生できなかった「ASKAとの治療プログラム」

10

2020年10月30日 17:10  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真高相佑一
高相佑一

 2020年10月30日、女優酒井法子の元夫でアルバイトの高相佑一容疑者が、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されたことが捜査関係者への取材でわかった。振り返れば芸能界を揺るがした’09年に起こった高相容疑者による覚せい剤事件。「週刊女性PRIME」では2015年、高相容疑者が「覚せい剤事件」にまつわるを本音を語っていた! ドラッグ依存との闘い、その治療で出会ったASKAとの秘話、自身にまつわるさまざまな報道の真相、そして迷惑をかけた息子への思いを語った名物連載を振り返る。

高相祐一「覚せい剤をやると、めんどくさくなくなる」(2015年2月11日)

 高相の報道で、よく目についたフレーズが“自称プロサーファー”という肩書き。日本プロサーフィン連盟も、公式に「高相はプロサーファーではない」というコメントを出している。

「僕は確実にプロサーファーですし、プロ登録の証状も持っています。スポンサー料も月50万円くらいもらっていました。なぜか“自称”とされたのは、サーフィン業界が嫌がったんじゃないですかね。事件後はイメージもよくないんで。でも、それまでは全然フレンドリーだったんですよ」

 また、東京・青山の老舗スポーツ店の長男という高相を“ボンボン”として、高校時代はタクシーで自宅から千葉県の学校まで通っていたとも報道された。

「タクシーは学校の最寄り駅から5人で割って乗っていたんですよ。そうするとバスの料金と変わらない。しかもバス停から学校までは歩くと30分くらいかかるんです。みんなまねしてタクシーに乗りだしたから、僕だけじゃない」

 そもそも、彼と覚せい剤の出会いはいつごろなのか。

「20歳のときに付き合っていた彼女が持っていて……。“やめろよ”って話をしていたんです。そしたら“やったことないのに何がわかるの?”って言われて、やってしまった。感想は、なんか別に……。目覚めのいい朝だなぁみたいな(笑い)。それ以降は、疲れたっていうことを理由にしてやっていました。覚せい剤をやると、めんどくさいことが、めんどくさくなくなるんです。掃除とか、すごく簡単になるんです」

ASKAは「誘えば、絶対にやってくれる」(2015年2月11日)

 酒井法子の“元夫”高相祐一は、’14 年に同じ理由で世間を騒がせたASKAと、薬物治療の病院で奇跡の邂逅を果たしていた。釈放後の当時、合法ドラッグに手を出してしまっていた高相は自主的に入院していたという。

「治療のプログラムは3か月間なのですが、僕は去年の5月に入院しました。そんなある日、窓に黒いフィルムが貼られたんですよ。みんな“アレ、何かあるの?”みたいな感じで……。それがASKAさんが来たとき。僕はそのとき、ちょっと“逸脱行為”ってのをして1週間、独房に入れられていたんで、当日は見てないんだけど(笑い)」

 ちなみに彼が行った“行為”というのは……。

「タバコですね。ポケットの奥に入っていた吸い殻と紅茶の葉っぱを紙で巻いて。ライターがないからコンセントに針金を差してバチバチバチッて。それがバレてしまった」

 そんな環境に現れたASKAは、ほかの入院患者より少々年齢が上だった。

「落ち着いていて、すごく雰囲気のある人だった。いつも香水をつけていて、“ASKAさんのニオイ”っていうのがありましたね。ASKAさんも部屋や食事など、みんなとすべて一緒でしたよ」

 病院では治療のための薬が与えられるが、それを受け取るために、ASKAもほかの患者と一緒に列に並んだ。

「ASKAさんは、本当に人柄のいい人だった。トランプをやろうって誘えば、絶対にやってくれるし。一緒に『大貧民』やりましたよ」

 ちなみにゲームの結果は、ASKAは富豪、大富豪になることが多かったとも。高相は先月、大阪で行われたトークイベントに参加し、そこでもASKAとのエピソードを披露。そのひとつ「洗濯物を干す場所に、お菓子の袋を干していた」という話が、翌日の各スポーツ紙で《ASKA、奇行》と報じられた。

「あれは奇行なんかじゃなくて、彼のお茶目なところなんですよ。決してドラッグで頭がおかしくなってお菓子を干したということではない」

 来院日こそ「ASKAだ、ASKAが来た!」と病院内はザワついたそうだが、

「ASKAさんとはいろいろな話をしました。あの人、けっこうスピリチュアルな話が好きみたいで」

 この2人と一緒に治療を受けた作家の石丸元章氏も、

「ASKAさんは、環境問題に対して意識が高くて、原発について“自分も真剣に考えている”と、自説を語ってらっしゃいました。食べ物なんかも気をつけなきゃいけない。原発の影響が出ているかもしれないカレイなどの魚は危ないと言って食べ残していましたよ。病院食なんで、普通はマズいから残すんだけど(笑い)」

クスリで逮捕された高相祐一がいちばん楽しい時間とは(2015年2月11日)

47歳の高相には、酒井との間に中学3年生の息子がいる。一緒に住むことはかなわないが、息子と会っているときが「いちばん楽しい」と言う。

「連絡はLINEで2、3日に1回くらい来ますね。会ったのは今年の正月が1年ぶりくらいかな。会えば前と変わらず一緒に風呂に入ったり」

 高相は昨年5月の入院前、息子に「お前、パパのこと嫌いだろ?」と聞いたことがあるという。その返答は「パパはパパだから、嫌いになるわけない」だった。そこで高相は、「このままではいけない」と、入院を決意した。

「僕は、子どもとはずっと友達みたいな感じで付き合ってきました。それでいいところは取ってくれ、悪いところがあれば言ってくれと。だから、自分のいいところをすごく取ってくれていると思う。人を笑わせたりすることが得意だし、まじめなやつともヤカラみたいなやつとも、どっちとも仲よくできる」

 今年に入って突然、メディアで発言をすることが増えている高相。それについて息子に相談したところ、

パパはクスリで失敗したけど、サーファーやDJとしてはカッコいいしどんどんやっていいと思う。でも、ママのことはあんまりしゃべらないで

 という“助言”をもらったそうだ。

 事件以降、基本的に世間からは“クスリに手を出したロクでもない夫婦”という見方をされた。しかし、そんな家庭で育った息子は、別れた父と母を気遣うことのできる子どもに育っている。高相家が“家族”であったころは、どのような家庭だったのか。

「なるべく一緒にいる時間をつくっていました。僕は子どもの気持ちをいつもわかるような、そして彼がなんでも話せるような存在でいるようにしていましたね。子どもだけど親友のような関係をずっと続けたいと思っています」

 愛する息子のため、迷惑をかけた家族のため、高相は贖罪としてよりよい人生を歩まなければならない。

「いまはスポーツ店で働いています。実家ではなく知り合いのところ。これからは、子どもがカッコいいと言ってくれるサーフィンもまたやりたいですし、服のデザインもやってみたいです」

高相祐一、自称プロサーファー報道に「間違いなくプロ」(2015年4月3日)

(※以下、高相氏のコメント)

「自称・プロサーファー」という言われ方をされる。俺はサーフィンで生業を立てていたら、それでプロサーファーだと思う。そういう意味で、俺は間違いなく、プロサーファーだった。

 JPS(日本プロサーフィン連盟)はプロ登録がないと言っていたみたいだけど、プロテストには合格している。ただ、競技会に出場していなかったのと、会費を払っていなかったので、登録されていなかっただけなんだ。

 プロといっても、さまざまなタイプがある。ゴルフやテニスなどのように優勝、入賞賞金が高額なものもあれば、企業とスポンサード契約をするスポーツもある。

 サーフィンの場合、競技会の賞金なんてたかがしれている。それに、サーフィンは自分が表現したいパフォーマンスを見せるもので、俺はあまり他人と競いたくなかった。

 ありがたいことに、サーファーとしての俺を認めてくれて、スポンサードしてくれる方々もいた。

 サーフィンで飯を食えていたし、競技会に出場するためにJPSにプロ登録なんかする必要はないと思っていたのだ。

 親父は裁判のとき、こう言ってくれた。

「サーフィンが生きがいだと思うので、サーフィンを続けながら自分の好きな仕事をもう一度再確認して、前に進んでほしい」

 涙が出るほど嬉しかった。

 この言葉をもう一度、肝に銘じて、生きていきたいと思っている。別にプロでなくてもいいから。自分はサーファーだと信じて、これからも生きていきたいと思っている。

 ところで……この連載を始めたのは、みんなに直接、メッセージを伝えたからだった。ダメダメな俺だけど、いろいろ考えてきたからね。もちろん、そういう気持ちはいまも変わらない。

 でも、いまの俺はあまり中途半端。だから、何を言っても説得力がないと、周囲から言われたりしている。迷惑をかけている面もあるようだ。

 なので、たった3回で終わらせるのは残念だけど、今回でこの連載は終わりにしたい。何もかも中途半端な俺らしいと言えば俺らしい。実に、かっこわるいけどね。

 みんなは俺を嫌いかもしれないけど、俺はみんなを大好きだよ。

 それでは、また! See You again!

このニュースに関するつぶやき

  • もしも離婚がなかったら、酒井法子はほぼ間違いなく今でも覚醒剤を使ってると思う…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • プロとは、金をもらっている人ではなく、金を払ってでもその仕事をやってもらいたい人のこと。 https://mixi.at/agCYsGP
    • イイネ!17
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定