JAL、通期で最大2,700億円の赤字見通し

9

2020年10月30日 17:21  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

日本航空(JAL)グループは、2021年3月期の通期業績予想を公表した。

売上収益5,300〜6,000億円、EBIT(利息及び税金控除前利益)が3,300〜3,800億円の赤字で、最終損益は2,400〜2,700億円の赤字となる見通し。ボーイング777型機の早期退役に伴う減損も計上している。国際旅客収入は400〜740億円、国内旅客収入は2,350〜2,650億円を見込む。

国際線需要の早期回復は難しく、特にビジネス利用は、「ウェブ会議やリモートワークの浸透により、従来よりも減少することを想定しておく必要がある」とした一方、観光やVFR(友人や親族訪問)需要は、「比較的早期に回復し、成長が期待される」としている。

このニュースに関するつぶやき

  • ANAもJALも大幅減収。リアル半沢直樹かって?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • やばたん、一社で維持できなくなったら、ANA+JALが合併するのか?(https://www.kensasano.tokyo/posts/9314548/ http://shigotonews.com/archives/2206815.html )
    • イイネ!6
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定