北村匠海「僕は決して可哀想なやつではない」涙目で公開への思い語る<とんかつDJアゲ太郎>

1

2020年10月30日 17:37  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真北村匠海(C)モデルプレス
北村匠海(C)モデルプレス
【モデルプレス=2020/10/30】映画「とんかつDJアゲ太郎」の初日舞台挨拶が30日、都内にて開催。主演の北村匠海ほか、出演の山本舞香、浅香航大、池間夏海、監督の二宮健氏が登壇した。

【写真】伊藤健太郎、衝突事故報道 2人けが

北村は「この映画は、アゲ太郎を筆頭に、個性豊かなキャラクターたちがおもしろおかしく盛り上げてくれますし、音楽も映画館で聞いたことないような最高なプレイリストが入っています。音楽映画としても楽しんでもらえると思います」とアピール。

最後の挨拶では、まず「最初に今日の朝、急遽欠席してしまった番組さんにご迷惑をおかけ致しました」と出演予定だったテレビ番組等に出演できなかったことを謝罪。

そして「本当に心の底から今日ここに立てて、映画が公開できたことが嬉しいですし…僕は決して、可哀想なやつではないし、とても幸せ者だと思っています」と、涙をためながら思いを明かした。

さらに「監督、キャスト、スタッフの皆さんに恵まれて支えられながらここに立てています。そして皆さんがこの映画を見てくださることに本当に感謝しています。素敵な映画です。ぜひ楽しんで下さい」と呼びかけた。


動画を別画面で再生する


なお北村演じる主人公のライバル役を演じた伊藤健太郎容疑者の登壇は、29日の逮捕を受けキャンセルに。伊藤容疑者は28日、東京都内で乗用車を運転中、オートバイと衝突する事故を起こし、現場からいったん立ち去っていたことが分かり、警視庁にひき逃げの疑いで逮捕された。

同作には大麻取締法違反(所持)罪で起訴された俳優の伊勢谷友介被告も出演しているが、再編集などはせず、そのまま公開される。

◆北村匠海主演映画「とんかつDJアゲ太郎」

原案・イーピャオ氏、漫画・小山ゆうじろう氏による伝説のギャグ漫画を実写化。

老舗とんかつ屋の跡取り息子である主人公・勝又揚太郎(北村)が、初めて訪れたクラブで刺激を受け、“とんかつ”も“フロア”もアゲれる男「とんかつDJアゲ太郎」を目指す姿を描く。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 話のネタになって良かったじゃん
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定