べスト・オブ・ミス神奈川大会グランプリの釣谷真白、ミス・ユニバースジャパン2020でベスト11入賞

0

2020年10月30日 18:52  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真2020 ミス・ユニバース・ジャパンでベスト11入賞を果たした釣谷真白さん。
2020 ミス・ユニバース・ジャパンでベスト11入賞を果たした釣谷真白さん。
 世界で活躍する女性リーダーを選出する『2020 ミス・ユニバース・ジャパン ファイナル』が29日、都内で開催され、べスト・オブ・ミス神奈川大会グランプリで、ミス・ユニバースジャパンプレリミナリー神奈川代表の釣谷真白(つりたに・ましろ/20歳)がベスト11入賞を果たした。

【写真】釣谷真白さんの全身ポーズ。

 ベスト・オブ・ミスとは「ミスユニバースジャパン」「ミスグランドジャパン」「ミスユニバーシティ」の複数の世界的ミスコンテストの合同地方代表選考会。それぞれの日本大会へ県代表として出場する女性を各大会ごとに一名、一県から複数名の代表を選出する。

■釣谷 真白 Mashiro Tsuritani
2000年2月1日生まれ、神奈川県出身。
身長:168cm
そのほかの経歴:北陸ガールズグランプリ(準グランプリ) 、上智大学短期大学部ミスコン(グランプリ)

「私は学生時代、小学校や保育園の子供たちに英語を教えるボランティアに毎週参加していました。その際、私は音楽と笑顔を用いて英語を学ぶことの楽しさだけでなく、そこに音楽や笑顔を用いることで子供 達にコミュニケーションをとることの楽しさや、たとえ言葉が通じていなくても、音楽と笑顔があればコミュニケーションをとり、相手と仲良くなることができることを教えてきました。 私は自分の魅力は笑顔であり、強みは12年間続けているエレクトーンである思っています。この私自身の経験、魅力、強みを活かし て、今後は世界の子どもたちにコミュニケーションをとることの楽しさや、音楽や笑顔があれば世界中のどこででも誰とでもコミュニケー ションをとることができること、仲良くなれることを伝えていきたいです」
    ニュース設定