中日に悪夢再来… 福田がビシエドと同様ダイビング試みて負傷交代

3

2020年10月30日 18:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日・福田永将
中日・福田永将
中日 − 広島
<21回戦・ナゴヤドーム>

 7年連続Bクラスからの脱却を目指す中日に悪夢再来だ。30日の広島戦に「5番・一塁」で先発出場していた福田永将がダイビングキャッチを試みて負傷交代。ビシエド不在の一塁を埋めていたベテランが、苦悶の表情を浮かべてベンチに退いた。

 1点ビハインドの2回一死三塁の場面で、7番・松山竜平が放った一二塁間の打球に対し、福田はダイビングキャッチを試みたが、このプレーで上肢を痛め起き上がれず。左腕を支えられながら苦悶の表情で退き、途中交代した。

 中日は28日の阪神戦(甲子園)で主砲のビシエドが同様のプレーで負傷し抹消されたばかり。8年ぶりのAクラス入りを目指すなか、与田竜が度重なるアクシデントに襲われている。

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定