「久しいな、勇者アバン」ダイの家庭教師・アバンの正体が発覚しネット上がざわつく/アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」第4話

3

2020年10月30日 19:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京(C)SQUARE ENIX CO.,LTD.
(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京(C)SQUARE ENIX CO.,LTD.

 2020年10月24日(土)に放送されたアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」第4話。魔王ハドラーが放った“あるセリフ”に対し、視聴者からは「え… 今衝撃的なこと言わなかった!?」「ちょっと待って、鳥肌が止まらない!!」と驚きの声が相次いでいる。

30秒で急展開!? 「急に不穏なラストぶち込んでくるのやめろ(笑)」と視聴者困惑/アニメ「名探偵コナン」第985話

 ハドラーといえば、多くのモンスターたちを率いて世界の掌握を試みた魔王。15年前に“ある勇者”によって命を奪われたものの、大魔王バーンの力で復活を遂げている。そして今回、ついにハドラーがダイたちの前に登場。ダイの家庭教師・アバンと対峙することになったのだが――。

 アバンに向けてハドラーが放ったセリフは「久しいな勇者アバン」というもの。これまで詳細な身元が明かされていなかったアバンだったが、実はかつてハドラーを倒した“伝説の勇者”だったのだ。さらに15年前の出来事について、「あの痛みと屈辱は決して忘れん」と振り返ったハドラー。アバンに敗れたことが相当なショックだったのだろう。

 ハドラーの口から明かされたアバンの正体にファンは驚愕。ネット上からは「アバン先生、勇者だったの!?」「どおりで強いわけだ…」「ただ者ではないと思っていたけど、まさか勇者だったなんて!」などの反響が続出している。

 しかし以前よりもさらに力を増したハドラーとの戦いに、アバンは少々苦戦気味。ラストシーンでは、ハドラーが放った閃熱呪文・べギラマによって大きな傷を負っていた。果たして彼は再びハドラーに打ち勝つことができるのだろうか…。

■アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」
放送時間:毎週土曜9:30〜(テレビ東京系)/その他放送各局による
原作・漫画・監修:三条陸、稲田浩司、堀井雄二
出演:種敦美、豊永利行、小松未可子、早見沙織 ほか

このニュースに関するつぶやき

  • 驚きの白々しさというか……ちょっと検索かけたらすぐ分かる事だけに、何とも言い難い。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 今更感が過ぎるのだが、この作品のネタバレはどこまで許されているの?
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

オススメゲーム

ニュース設定