LINE Payが「iD」に年内対応、iPhoneとAndroidで順次利用可能に

1

2020年10月30日 19:32  BCN+R

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BCN+R

写真LINE PayがiDに対応する
LINE PayがiDに対応する
 LINE Payと三井住友カードは、スマートフォン決済サービス「LINE Pay」のモバイルタッチ決済に対応ついて、VisaだけでなくiD加盟店でも利用できるようになると発表した。今後は、戦略的な提携を通じて新しい時代に即したキャッシュレス決済の実現を目指していくという。

その他の画像はこちら

 両社は現在、2020年12月をめどにVisaブランドのバーチャルプリペイドカード「Visa LINE Pay プリペイドカード」を発行する予定。「Apple Pay」、「Google Pay」にも12月から順次対応していく。対応が済めば、LINE PayをiD加盟店で使えるようになる。

 また、2021年春ごろには、Visa LINE Pay クレジットカード以外の三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードでも、「チャージ&ペイ」機能が利用可能になるとしている。チャージ&ペイは、LINE Payでの支払いをクレジットカード請求にするサービス。これまではVisa LINE Pay クレジットカードでしか利用できなかった。

 このほか、「LINE」アプリ上でのクレジットカード利用通知、各種手続き・問い合わせ。三井住友カード会員がLINEの各種サービスを利用した際のVポイント上乗せ施策。三井住友カード加盟店へのLINE Pay導入を推進などの施策を進めていくという。

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定