JR東日本、五能線キハ40・48形引退へ - オリジナル「横サボ」装着

1

2020年10月30日 19:52  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JR東日本秋田支社は、五能線を運行するキハ40・48形に歴代塗装のデザインを施したオリジナル行先票(横サボ)を装着し、11月7日から運行すると発表した。

五能線では、国鉄時代に製造されたキハ40・48形が普通列車などに使用されてきたが、今冬から後継となる電気式気動車GV-E400系を投入する予定。これにともない、現行のキハ40・48形は引退が決まっている。

引退に先立ち、「ありがとうキハ40・48形」企画を展開することとし、その第1弾として横サボの掲出を行う。装着する列車は計3本。東能代駅7時23分発の弘前行、弘前駅16時28分発の深浦行、深浦駅20時15分発の東能代行を対象に実施し、装着期間は「当面の間」とされている。(佐々木康弘)

このニュースに関するつぶやき

  • また葬式鉄が大挙して押し寄せるね���줷�������줷�������줷����
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定