『バチェロレッテ』真実の愛とは…福田萌子の決断を占う“名言”続出

0

2020年10月30日 21:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

Amazon Prime Video(以下Prime Video)にて独占配信中の、婚活サバイバル番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1。本作は、日本で既に3シーズン配信されている『バチェラー・ジャパン』の「男女逆転版」作品。独身男性ならぬ独身女性が主役となり、多数の男性候補から未来の結婚相手を選び抜く、かつてない恋愛リアリティ番組。 


重要回にして“名言”続出

初の日本版バチェロレッテに選ばれたのは、沖縄出身でモデルやスポーツトラベラーとして幅広く活躍する福田萌子(以下、萌子さま)。常識外れの超セレブな彼女が、結婚したいと願う男性達との旅を通じて真実の愛を探し求める。遂に候補者が3人(杉田陽平、黄皓 、當間ローズ)まで絞られた#7。バチェロレッテ萌子さまが相手の実家を訪問するという最終決戦前の、重要な局面。


3者3様の実家訪問が見られる中、結果的に最終決戦へ進むこととなったのは杉田陽平(杉ちゃん)と黄皓(黄さん)となった。どの家族もそれぞれ個性があり温かさが伝わってきたが、その中でも杉ちゃんと黄さんそれぞれの母親から萌子さまに送られた“名言”が#7のMVPではないだろうか。萌子さまはもちろん、全ての“結婚”に迷う独身者たちの背中をそっと押してくれた。

波長が合うということ

まずは杉田家。家族との初対面を前に緊張する萌子さまに「僕がいっぱいいると思って」と言ったように、穏やかそうな父母姉がお出迎え。萌子さまを迎えるに当たって、リハーサルを行っていたところがなんとも“杉ちゃん”一家らしい。


終始ほのぼのとした感じで終わるかと思いきや「とてもおキレイでスペックが高いから自分たちの生活になじんでいけるか」と心配する杉ちゃん姉が「萌子さんのどういうところが好き?」「陽平に不安なところって…?」などズバズバ切り込む(さすが…“姉”の役割を分かっている)。


「僕がなるべく聞かないようにしていたところをお姉ちゃんがズバッとね…」と杉ちゃんもたじたじになる中、「いろんな引き出しがあって、そのどれもが素敵。だから不安なことはないですね」とパーフェクト回答の萌子さま(もはや、セミナーを開いてほしい)。


この様子を見て「最初は全く違う2人なのかなと思っていたけど、将来が思い描けないようで思い描けた」と一安心の姉。少しずつ打ち解けていく中、萌子さまから「愛を持ってずっと家庭を作れる秘訣は?」との質問が。




「波長が合うということ」と杉ちゃん母。

「夫婦になるっていうことは、やっぱり自然体で生活できないと長く続かないから。やっぱりそれは時間じゃなくて“瞬間”にお話しさせてもらっただけでわかる」。




…沁みる。

考えすぎなのよ

一方、黄家では、普段上海に住んでいる両親が日本で萌子さまをお出迎え。日本語も堪能な両親。黄家のイベント「餃子ワインパーティー」が開催された。

そこで語られたのは、「お互いに一目惚れだった」というの黄さん両親の馴れ初め。「そこから40年こうやって(一緒に)いるわけでしょ。うちの親もそう。そんな奇跡的なことがこんな近くにあると、私も得られるんじゃないかって…」萌子さまも自身の両親に似た境遇の黄家に居心地の良さを感じたようだ。


また印象的だったのが、黄さんの表情。今までにみたことのない柔らかな笑顔に「黄さんの違う一面がみれた」と萌子さまもなんだか嬉しそう(視聴者の好印象メーターも爆上がり)。

黄さん母と二人きりのガチトークの場面では、結婚に対して「本当だったら、(黄さんの)お父さまとお母さまのように私も初恋で結婚するというのが理想だった」と思いを打ち明ける。


「うちの両親も仲良くて、24時間ずっと一緒。その家庭を見ているからこそ、結婚するつもりでお付き合いしているけど、いたらないことが多くて…」「(結婚は)しようと思ってできるものではないし、やっぱりご縁だし…」。今まで、迷える男性たちを数々のお言葉で導いてきた萌子さま。そんな彼女の迷える胸中が垣間見えた貴重な瞬間だった(萌子さまも人間だったんだ…安心)。


迷える萌子さまに、「今の若者は考えすぎるんじゃないですか?理想を求めすぎて難しく考えすぎていると思いますよ。あんまり考えすぎずに自分の心に従って行動するのが一番良いと思います」「失敗を恐れずに前に進むということがやっぱり大事だと思います」。




…沁みる、沁みすぎる。

“真実の愛”の正体とは…

両者ともに言っていることは、つまり「考えるな、感じろ」(意訳)。


萌子さまともなれば、自立したマインド、確固たるアイデンティティ、物事を多面的に捉える柔軟性……要するに自分で自分を養っていけるだけの環境と考えを持っている。


その上で、「結婚」相手を見つけるためにこの旅に参加。彼女が度々口にする「“真実の愛”の正体を知りたい」は、萌子さまの中で結婚相手に求める最重要要素であり、最大の不確定要素なのだろう。母親たちの“名言”はそれに対する一種のアンサーではないだろうか。

考えたところで、“明確”な答えはきっと出ない。「結婚の意味とは?」「理想の相手とは?」も同様で、答えを追い求めれば求めるだけ、考えれば考えるだけドツボにハマって動けなくなる…。おそらく萌子さま自身も分かってはいるのだろうが、改めて人生の先輩たちがはっきりと口に出してくれたことで吹っ切れた部分もあったのだろう。「(黄さん母の)考えすぎなのよという言葉はすごく響いた」と口にしていた萌子さま。この実家訪問を受け、果たして彼女はどのような決断を下すのだろうか。最終決着を心して見守りたい。



『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1

配信開始日: 2020年10月9日(金)より独占配信中 ※当番組は2019年〜2020年3月に収録

制作:Amazon

バチェロレッテ:福田萌子

司会進行役:坂東工

スタジオトーク出演:ナインティナイン、SHELLY

(C) 2020 Warner Bros. International Television Production Limited



    ニュース設定