ドーナツに穴が空いているのは船乗りが開けたから? チコちゃんの回答にツッコミ続出

3

2020年10月31日 07:41  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

30日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「ドーナツに穴が空いているのはなぜ」が話題となっている。ドーナツといえば、穴が空いているのが特徴だが、なぜ開いているのかその理由について回答できる人はいないのではないだろうか。

■ドーナツの起源はオランダ

ドーナツは、オランダで作られていた小麦粉・砂糖・卵を混ぜて発酵させ、ラードで挙げたボール状のお菓子である「オリークック」が原型であるとされている。1600年代にオランダから渡ってきた人々によってアメリカに伝わった。

中央にくるみが乗っていたことから英語で生地という意味の「dough」とくるみ「nuts」をくっつけて「dough nuts(ドーナツ)」と名付けられたと言われる。ちなみにこのときは穴が開いていない。

関連記事:10代男女は8割が支持 「ミスタードーナツが好き」6割超え

■グレゴリーがきっかけ

ドーナツに穴が空いたのは、船乗りであるハンソン・グレゴリーがきっかけではないかと言われている。1847年に嵐の中を航海していたグレゴリー船長は、お腹が減ってドーナツを食べようとしたが、嵐の中で舵から手を離せない状態だった。

そんな中、グレゴリーが舵の取って部分にドーナツを串刺しにし、穴の空いたドーナツが生まれた説があるのだという。しかし、グレゴリーはこの話を否定。自身が子供の頃に穴のないドーナツの真ん中が生焼けだったため、こしょうの缶で穴を開けたと語っていたようだ。

■ドーナツの穴のきっかけは諸説

グレゴリーの説以外にも、「アメリカの先住人が弓矢を放ったところ、テーブルにあったケーキの真ん中に刺さった」説や「真ん中に乗っていたくるみが手に入りづらく、代わりに穴をくり抜いた」説、「ユダヤ人の食べ物である穴の空いたベーグルを真似た」説などがあるようだ。

様々な説があるものの、確かめようがないため、どれが真実かわからない。チコちゃんは、テーマに対し、「グレゴリーが舵を手放さなかったから」としつつ、結局よくわからないと付け加えた。

■「よくわからないんかい!」とツッコミ

今までにも「サイコロの1はなぜ赤い」や「左利きをサウスポーと呼ぶのはなぜ」といったテーマでも「よくわからない」と微妙な回答をしたチコちゃん。

またしても「よくわからない」と解説番組にあるまじき回答をしたが、視聴者からは「わからないのによく番組に出したな」「よくわからないんかーい!」とツッコミの声が寄せられた。

・合わせて読みたい→ミスド公式のアレンジが意外すぎる ポンデリングが別次元のウマさに

(文/しらべぇ編集部・Aomi

このニュースに関するつぶやき

  • こういう、諸説ある回答があるから、この番組面白いんだけどな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ニューヨークのドーナッツ屋さんが大量に揚げる時間短縮のために穴をあけたらしい。
    • イイネ!3
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定