菅首相資産、安倍氏の約6割=「非世襲」では高水準

14

2020年10月31日 08:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 30日に公表された菅義偉首相の資産は計6277万円だった。同時に公開された安倍晋三前首相の辞任時の1億226万円の約6割。一方、菅直人、野田佳彦両氏の首相就任時の資産は大きく上回った。国会議員秘書、横浜市議を務めた経歴から「たたき上げ」を売りにする菅首相だが、歴代の「非世襲」の中では高水準と言えそうだ。

 菅首相の資産は、不動産が横浜市内の自宅マンション1件で1850万円、金融資産4427万円。安倍氏が山口県下関市の自宅など土地・建物で計7598万円、定期預金2478万円を有するのに対し、不動産の割合が低い。

 菅首相は保有するゴルフ会員権も1口で、安倍氏の9口との差が際立った。

 2000年以降の首相の就任時で比較すると、それぞれ祖父や父が首相だった鳩山由紀夫氏の14億4269万円、麻生太郎氏の4億5548万円、福田康夫氏の7211万円を下回った。同じ非世襲の菅直人氏の2241万円、野田氏の1774万円よりは高水準だった。 

このニュースに関するつぶやき

  • 日本の資産公開制度では、現金や普通預金は公開の対象外となっており、何億円の資産を持っていても、銀行に普通預金している限りは公開されることはありません。ってことで隠しているだけだろ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 世襲であるかどうかとか全く関係ないというか、世襲で全く仕事したことない議員とか、何十回当選しても、全く仕事はできないんで、自滅していくんじゃ( `ー´)ノ
    • イイネ!25
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定