森七菜のあどけない唇から目が離せないーースター街道を駆け上がる少女の現在地

0

2020年10月31日 08:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『週刊少年マガジン』48号
『週刊少年マガジン』48号

 森七菜が10月28日発売の『週刊少年マガジン』第48号の表紙&巻頭グラビアに登場した。


 新海誠監督のアニメ映画『天気の子』でヒロインの天野陽菜を演じて注目を集めた森七菜。現在放送中のドラマ『この恋あたためますか』では連続ドラマ初主演を務めており、現在進行形で人気と知名度を急上昇させている女優だ。今年8月31日には、まだ無名の頃から高校3年間の記録を写した1st写真集『Peace』を発売した。


関連:森七菜、高校3年間の記憶と飾らない無垢さーー352ページの写真集『Peace』の充実


 また、今年1月に公開された岩井俊二監督の映画『ラストレター』では憧れの広瀬すずと共演したほか、主題歌「カエルノウタ」を歌い歌手デビューも果たした。女優としてだけでなく、さまざまなジャンルで森七菜らしさを見せる彼女は、存在そのものが特別な印象を受ける。彼女の発する声や一つ一つの動作を思わず目で追ってしまうような、見逃したくなさがあるような。


■ナチュラルさと幼さと底知れぬパワー


 本誌の12Pの撮り下ろしは、まさに森七菜らしい世界観で彩られている。どんな色も似合う透明感。色に染まるのではなくて、どんな色も森七菜らしく魅せる力が彼女にはある。そんな彼女が、冒頭、真っ白な部屋の真っ白なベッドの上で、無邪気に飾らない姿で振る舞っている様子が写されている。白いTシャツにデニムのスカート(ワイドパンツ?)を着用しており、眩しさを感じるほどの白い空間が誌面を飾る。何を考え、何を見つめ、何を思う姿なのか。そのナチュラルさに、ちょっとした幼さと底知れぬパワーを感じてしまう。


 また、ドラマ『この恋あたためますか』に登場するオリジナルスイーツ(11月2日より全国のセブンーイレブンで発売予定の「恋する火曜日のチョコっとリラックシュ〜」)を頬張るアップのカットも掲載されているので、ドラマで森七菜を知った方も楽しんでもらえるはずだ。


 後半は派手目なピンクの衣装を着て、連絡通路のような場所を駆け巡るカットが続く。エスカレーターの頂上でジャンプをする背後は、実に森七菜らしい。2016年、地元の大分県でスカウトされた後、話題作に多数出続け、瞬く間に現在地まで駆け上がってきた森七菜の約4年間は、それこそエスカレーターのように自力で駆け上がるスピードの何倍も早かったに違いない。振り向きざまになびく髪。まだあどけない唇。その一瞬一瞬を逃さぬよう、丁寧に撮り下ろされている。今だからこその森七菜の素朴さとスピード感を写したグラビアを、ぜひ誌面で体感してみてほしい。


■とり
日々グラビアに勇気と希望をもらって生きており、 グラビアを熱くドラマチックに語るのが趣味。 読んだ後に心が豊かになるような文章を心がけています。 好物はカレーとサーモンです。


    ニュース設定