彼氏の子が欲しくて… 10歳娘を強姦させ代理出産を企んだ女を逮捕

1

2020年11月01日 06:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(LightFieldStudios/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
(LightFieldStudios/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
(LightFieldStudios/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

子供はもういらない。そう考えていた女が、「やっぱりもう一人欲しい」と考え始めた。その方法として思いついたのは、自分の娘に恋人の子を産ませること。最低な母親らの行動が明らかになり、裁判の行方に注目が集まっている。

■避妊手術を受けた女

2014年、メキシコ・ハリスコ州で暮らすある女が、「彼氏の赤ちゃんを産みたい」「どうしても息子が欲しい」と強く願うようになった。

だがすでに10歳の娘がいたこともあり、恋人に出会うまでは「もう子供は増やしたくない」と考えていたため、妊娠を避ける目的で避妊手術を受けていた。どんなに妊娠・出産を望もうが、どうにもならなかったという。

関連記事:赤ちゃんを売り払おうとした母親を逮捕 「新しいブーツが欲しいから…」

■女と恋人の暴走

それでも、欲しいものはどうしても手に入れたい。そう考えた女は、思春期の入り口にある娘に「ねえ、アンタのお腹を貸してくれない?」「私の代わりに彼の子を産んで」と求めたが、娘は当然その要求を拒否し、承諾すると期待していた女はひどく腹を立てた。

一方でその気になっていた恋人が「あの子と関係を持ちたい」と熱望したため、逆上していた女は「なら強姦すればいい」と許可したという。そして恋人は、同年9月22日に娘に襲いかかった。

■発覚した被害

ショックを受けた娘は、悩んだ末に叔母にあたる女性に相談。それまでの経緯と被害について知った叔母は警察の介入を求めたというが、「女の身柄が確保されたのは犯行から6年後だった」と海外メディアは報じている。

娘を襲った恋人についても身柄を確保されているが、逮捕の時期や氏名・年齢なども含め、詳細は報じられていない。

■毒親に翻弄された娘

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,880名を対象に調査した結果、13.4%が「毒親に育てられたと思う」と回答した。多くの親が子供を愛して育てているが、1割以上の子供は親の言動・態度に苦しんでいる可能性が高い。

自分の願いを叶える目的で、娘の性と尊厳を軽視し踏みにじったこの毒親。心に大きな傷を負ったに違いない娘のその後については、いっさい明かされていない。

・合わせて読みたい→喧嘩で理性を失った女が恋人を車ではね飛ばす 瀕死の重傷を負わせて逮捕

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年4月24日〜2020年4月27日
対象:全国10代〜60代の男女1,880名(有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • ひどい母を持った息子が女嫌悪を抱く例は多いが、・・・この娘が己の性を否定する方向へいかないことを祈る。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定