厩舎スタッフが「ものすごくいい」と絶賛する良血馬リエヴェメンテ

0

2020年11月01日 06:21  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第21回:リエヴェメンテ

 GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)が行なわれる11月1日の新馬戦(東京・芝1800m)で、注目の若駒がデビューする。

 美浦トレセンの萩原清厩舎に所属するリエヴェメンテ(牝2歳/父ドゥラメンテ)である。

 母は、2010年から2011年にかけてアメリカで活躍したヒルダズパッション。GIバレリーナS(アメリカ・ダート1400m)を含め、重賞5勝を挙げた名牝である。

 そして引退後、日本で繁殖生活を送ることになった彼女は、優秀な子どもたちを次々に送り出している。

 2014年に生まれたヨシダ(牡/父ハーツクライ)は、海を渡って母と同じくアメリカで大奮闘。GIターフクラシックS(アメリカ・芝1800m)とGIウッドワードS(アメリカ・ダート1800m)を制し、芝・ダート両方でGIタイトルを獲得した。




 また、2017年に生まれたサンクテュエール(牝3歳/父ディープインパクト)が日本で重賞ウイナーに。2戦目のGIIIアルテミスS(東京・芝1600m)で2着と好走したあと、3戦目のGIIIシンザン記念(京都・芝1600m)で牡馬を蹴散らして栄冠を手にした。

 こうした兄姉の活躍があって、リエヴェメンテにも大きな期待がかかっている。実際、デビュー前のスタッフの評価はすこぶるいいという。その様子を関東競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「デビュー戦に向けて、順調に調整されてきたリエヴェメンテ。スタッフからは『ものすごくいい』との声が聞かれました。身のこなしにも目を見張るものがあって、『普通に走れば、勝ち負けできる』とのことでした」

 厩舎期待の表われか、先週は天皇賞・秋に挑む同厩舎のダノンキングリーと併せ馬を行なった。ただ、その際には大きく遅れをとって、不安要素が露呈した。先述のトラックマンが説明する。

「リエヴェメンテは、気性面で危ういところがあるようです。ダノンキングリーと併せて遅れをとったのも『もろに気性の悪さを出したせい』とスタッフは話していました。馬込みで揉まれたり、ペースがあまりに遅かったりすると、苦労するかもしれません」

 ともあれ、ポテンシャルが高いのは間違いない。レースで気性の悪ささえ出なければ、結果はついてくるはずだ。

 ヒルダズパッションの子から、またも活躍馬が出てくるのか。まもなくゲートが開かれるリエヴェメンテの初陣に注目である。

    ニュース設定