Go To イートも一時所得の扱い Go To トラベルなどと合わせ50万円以上は課税対象

87

2020年11月01日 06:41  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

Go To イートキャンペーンを管轄する農林水産省は、Go To イートキャンペーンを利用した際の支援額は、一時所得として扱う見解を示した。

Go To イートキャンペーンでは、地域の登録飲食店で使えるプレミアム付食事券を販売し、その際、購入者に対して、購入額の25%分のプレミアムを給付している。また、オンライン飲食予約サイトを通じた飲食予約の後、実際に来店・飲食した場合に、予約者に対して、次回以降の飲食で使える一人当たり500円又は1,000円分のポイントを給付している。

農林水産省は、これらの給付は税務上、消費者個人の一時所得として所得税の課税対象となる見解を示した。ただし、一時所得については、所得金額の計算上、50万円の特別控除が適用されることから、他の一時所得とされる金額とGo To Eatキャンペーンによる給付額との合計額が年間50万円を超えない限り、消費者個人の課税所得は生じないとしている。

なお、一時所得にはGo To トラベルキャンペーンの支援額や、ふるさと納税の返礼品、懸賞や福引の商品や、競馬・競輪の払戻金などが含まれる。

■関連記事 Go To トラベル、給付額は一時所得との見解 合計が年間50万円を超える場合、課税対象に

このニュースに関するつぶやき

  • まぁ少なくともポイント制度は「合法的な企業の偽造通貨」「脱税手段(GO TOだけは例外)」だからな。政府としてGOTOだけは例外にして税金欲しいだろうしな。
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • どうやって把握するんだろ。
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(48件)

ニュース設定