生後9か月に髄膜炎で四肢切断した女児、来月で4歳に 「笑顔でいてくれればいい」と母親(英)<動画あり>

2

2020年11月01日 06:51  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真「笑うことはないだろう」と言われた女児が笑顔を見せる(画像は『Kia Gott 2020年8月23日付Facebook「I’m full of smiles today for mummy daddy and everyone」』のスクリーンショット)
「笑うことはないだろう」と言われた女児が笑顔を見せる(画像は『Kia Gott 2020年8月23日付Facebook「I’m full of smiles today for mummy daddy and everyone」』のスクリーンショット)
今から約3年前、生後9か月で髄膜炎菌に感染し四肢を切断せざるを得なかったイギリスの女児が、12月で4歳を迎える。11月からは学校に通うことも決まっており、このたび母親が『The Sun』のインタビューに応じて現在の心境を語った。

【この記事の動画を見る】

英ウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォードに住むカイア・ゴットちゃん(Kia Gott)は2017年9月、生後9か月の時にC群髄膜炎菌に感染した。カイアちゃんの両親は当時、医師に「過去25年間でこのような酷い状態は見たことがない。治療を続けますか?」と言われたが、娘が必死に病気と闘う姿を見て治療の継続を決意した。

髄膜炎菌は健康な人の鼻腔や咽頭部に存在するが、風邪に似た症状を引き起こして血液や髄液に侵入すると敗血症や髄膜炎などに罹り一刻を争う。イギリスでは2016年7月にC群髄膜炎菌の予防接種時期を生後3か月から12か月に引き上げており、感染当時生後9か月だったカイアちゃんは予防接種を受けていなかった。

高熱が続いていたカイアちゃんの身体に紫色の痣ができるなどの異変が起こったのは2017年9月23日で、両親はすぐに救急車を呼んだが容態は思わしくなかった。カイアちゃんは2018年6月に退院するまでの10か月で7回の手術を受け、四肢の一部を切断し、脳には重い障がいが残った。


カイアちゃんのニュースは2018年1月に多くのメディアが取り上げて話題になったが、退院から約2年半を経て母親ヴィッキーさん(33)が『The Sun』のインタビューに応じ、近況を語った。

ヴィッキーさんはまず「一度は死も覚悟したカイアですが、12月に4歳を迎えます。また11月2日からは障がいを持つ子供たちが通う学校に初登校する予定です。これは私たち家族にとって記念すべき大きな一歩になるのです」と明かすと、こう続けた。

「カイアには筋肉が付き、なんとか頭を支えることができるようになってきました。今は胃ろうで栄養を摂っており、おむつもしています。またてんかん発作のための薬が欠かせず、自分で座ることも、話をすることもできません。でも私と夫の声を区別することはできるのです。」

「これから通う学校は一日3時間の予定で、脳や手指感覚を鍛えるセンサリー・アクテビティを中心に行います。カイアは脳の障がいが重いので、『これができるようになって欲しい』というよりも『こんなことができるようになったの? それはすごいね』と考えるようにしています。」

「3年前、医師に治療を続けるかどうか聞かれた時にはかなり迷いました。だって医師はその道のプロでしょう。彼らがそう言うのなら『私が治療を続けたいというのは、ただのわがままなんじゃないか』と思ったのです。様々なことが頭をよぎりましたが、私の中で『あの子は必死に闘っている。あの子が闘っているなら、私も闘うべきなんじゃないか』という気持ちを捨てきれないでいたのです。そして今になって言えるのは『私の決断は正しかった』ということです。」

ヴィッキーさんは当時、医師に「カイアちゃんは目が見えず、身体を動かすことも笑うこともないだろう」と言われたそうだ。しかしカイアちゃんはそんな医師の言葉に反し、「嬉しい」「嫌だ」という表情を少しずつだが見せるようになったという。

カイアちゃんの笑顔について、ヴィッキーさんは「はじめは口角が少し上がっているのかなというくらいでしたが、カイアは私たちが話しかけたり、歌を歌ったり、何かサプライズをする時には明らかに笑っているのが分かるようになったのです。最初は信じられませんでしたが、今は『ああ、この子は嬉しいんだ。笑っているんだ』とわかります」と語っており、「娘が笑って幸せでいてくれることが一番大切」と明かす。


そんなヴィッキーさんは現在、夫のポールさん(38)と一緒に11歳の長男、7歳の長女、2歳の三女の4人の子育てに追われているとのこと。カイアちゃんは今後も四肢の手術が予定されており、決して楽観はできないというが「カイアが命の危機という最悪の状態を脱したことは確かです。だから今後どんなことがあろうとも、私たちは乗り越えられると信じています」と力強く語った。


ちなみに10月30日には、英テレビ局『Channel 5』にてカイアちゃんのドキュメンタリー番組が放送された。カイアちゃんのFacebookには番組を見た人たちから「とても感動した。カイアちゃんは強いよ。そして彼女を支えた家族が本当に素敵だった」「たくさんの愛と幸せに溢れた奇跡。幸せになって」「彼女は輝く星だよ。学校に行けるようになって良かったね」といった応援メッセージが届いている。



画像は『Kia Gott 2020年8月23日付Facebook「I’m full of smiles today for mummy daddy and everyone」、2019年5月12日付Facebook』『The Sun 2020年10月30日付「AGAINST ALL ODDS Doctors said my girl wouldn’t survive ‘worst case of meningitis’ – it robbed her of her limbs but she’s starting school EXCLUSIVE」(Credit: SWNS:South West News Service)(Credit: Channel 5)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュースに関するつぶやき

  • 究極の判断。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定