コロナ禍で増えた資産運用デビュー 投資信託初心者の「損した」「儲かった」を大公開

0

2020年11月01日 07:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真東京・丸の内のSMBC日興証券本店。証券会社のショーウィンドーといえば外国債券のポスターが多いイメージだったが、今や「投信つみたてプラン」推し(撮影/写真部・高野楓菜)
東京・丸の内のSMBC日興証券本店。証券会社のショーウィンドーといえば外国債券のポスターが多いイメージだったが、今や「投信つみたてプラン」推し(撮影/写真部・高野楓菜)
 投資を始める人が増えている。なかでも投資信託への資金流入は急増、3月から5月は連続で1兆円台を突破したという。AERA2020年11月2日号の記事を紹介する。

【成績表】毎月15.6万円の投資が10ヶ月で167万に…3児の母会社員の投資例はこちら
*  *  *
 コロナ禍で資産運用を始めた人は多い。一般社団法人投資信託協会の統計によると、投資信託への資金流入額が3月以降に激増。2019年10月、11月は2千億円台だったが、12月は4313億円、1月は5701億円、2月は6041億円。“コロナ・ショック”の3月から5月は連続で1兆円台が投資信託に向かった。直近の9月は7859億円だ。SMBC日興証券ダイレクト戦略部長の丸山真志さん(58)もこう語る。

「当社でも3月以降、投資信託は売れています。外出が減っているので窓口はそれほど変わりませんが、ネット経由が月次平均で約2.5倍になっています」

 人気の投資信託を聞くと、三菱UFJのeMAXIS Slim(イーマクシス・スリム)やニッセイの<購入・換金手数料なし>の名前が挙がり、いずれも米国のS&P500や先進国株式に投資するものが上位だという。売れているのはこうしたコストの安い投資信託で、口座開設者の4割がつみたてNISAを利用しているという。

「テーマ型日本株の投資信託が一番人気だった時代もありましたが、今はS&P500や先進国株式の投資信託が売れていることから、グーグル、アップル、フェイスブックなどの『GAFA』関連に目を向ける方も多い傾向が見えます」(丸山さん)

 初心者からのコールセンターへの問い合わせも増えている。

「相談内容で多いのは、どれをいつ買って、いつ売ればいいのか、というもの。ネットの投資情報サービスは十分に提供していますが、人の声が聞きたい、電話で相談したいという方も多くいらっしゃる。AIを活用したチャットサービスなどさまざまなものがIT化されていますが、このニーズが消えることはないように思います」(同)

 神奈川県在住の会社員の女性(42)は猛勉強の末、今年1月に投資信託デビューした。自身は不動産関連の会社員で、介護関連会社に勤める夫(43)、長男(9)、次男(6)、三男(3)の5人家族だ。

「3人の子どもの教育費と、持ち家のリフォーム代として毎月約20万円を預金していました。せっかくだから投資信託で運用してみたいけど、絶対に減らしたくないと思い、まずは有料セミナーで勉強することに」

 昨年10月にネットで見つけたセミナーに参加した。株式投資コースと投資信託コースのセットで15万円と、安くはない。

「ネットで検索すれば資産運用の無料情報はありますが、どれが正解なのかわからなくて」

 勉強の末、日本の株と債券、海外の株と債券に分散投資をすればリスクが低くなること、信託報酬が安い投資信託を選ぶべきだということがわかった。そこでつみたてNISA約3万3千円、iDeCo2万3千円に通常の投資信託の積み立ても追加し、毎月合計約15万6千円をセミナーで学んだ通りに分散した。

「つみたてNISAの投資信託を選ぶときにこだわりすぎて疲れてしまって。iDeCoは『全部入っているバランス型1本でいいや』と(笑)」

 投資信託8本のうち7本が現状はプラス。10カ月の平均利回り8.5%だ。

「10年後、長男が大学進学の時期から少しずつ解約して、入学金や学費にあてる予定です」

 一方、夫と二人で神奈川県に暮らす女性(62)は17年に約100万円と500万円の投資信託を一括購入した。当時、夫は年収4ケタの会社員。女性は業務用ソフトウェア会社でカスタマーサポートの仕事をしていた。ある日通帳を見ると、そこそこの金額があったので、三井住友銀行の投資信託窓口に予約を入れた。投資といえば中期国債ファンドという、預金に近い投資信託を買ったことがあるぐらいだった。

「銀行の人にすすめられたリスクの低そうな投資信託を約100万円分、買いました。丁寧に説明されましたが、実はよくわからず。投資信託名に『あんしんスイッチ』って書いてあるし長期で持てば大丈夫かなと……」

 この3カ月後、地方で暮らしている母から生前贈与を受けることになった。母がゆうちょ口座から600万円を送金してくれたので、今度は郵便局へ。

「定額貯金がいいか、他の定期貯金がいいかを貯金窓口で聞いてみたんです。そうしたら、別の担当者が2人出てきて、投資信託をすすめられました。貯金より少しだけ増えたらいいなと思い、定額貯金は100万円だけにして500万円でバランス型の投資信託を買いました」

 わずかな期間に投資信託2本、合計600万円の購入となったが、銀行で買った投信はマイナス8.9%、郵便局のほうはプラス3.9%、平均利回りはマイナス2.5%だ。

 生活にも変化があった。夫は定年退職し、カスタマーサポートの仕事は緊急事態宣言後に「自宅待機」となり、その2カ月後に「1カ月分の給料を払うので退職してくれ」と。すぐ生活費に困るわけではないが、これから80歳、90歳と長生きしたら……。そう思うと不安になる。

「3年前は理解せずに買ってしまいましたが、これから勉強して、乗り換えも検討します」

 3月の“コロナ・ショック”から相場は上向きになり、現状は米国株や日本株の投資信託が上昇基調だ。ただし、この好調が未来永劫に続くわけではない。投資信託にリスクはつきもの。勉強し、納得して購入したい。(ジャーナリスト・向井翔太/編集部・中島晶子)

※AERA 2020年11月2日号より抜粋

    前日のランキングへ

    ニュース設定