糸井嘉男の大学時のとんでもない数字。「宇宙人」はすべてが規格外だった

7

2020年11月01日 07:22  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

あの時もキミはすごかった〜阪神・糸井嘉男編

 今年のドラフトの目玉となった近畿大の佐藤輝明(阪神が交渉権を獲得)。スケール感たっぷりの三拍子揃ったスラッガー・佐藤を語るうえでよく引き合いに出されるのが柳田悠岐(ソフトバンク)だが、同じくよく登場するのが大学の先輩・糸井嘉男(阪神)だ。




 ただ、佐藤のプレーに大学時代の糸井が重なってこないのは、なにより最速151キロを誇る投手だったからだ。

 その糸井だが、大学時代の4年間を思い返せば、小さな故障もついて回り、力を発揮しきれずに終わった印象が強い。当時はそんな糸井のピッチングを見ながら、「もったいないなぁ......」と、いつも感じていた。

 糸井は丹後半島に位置する京都府与謝郡岩滝町(現・与謝野町)で生まれ育った。子どもの頃から野山を駆け回り、中学になるとサッカーをやるつもりだった。

 だが父の勧めで野球部に入ると、やがてエースに。それでも、とくに野球熱は高まらず、公立の宮津高校に進んだ際も「帰宅部でもいいかな」と思っていたという。ところが、ここでも友達に誘われて野球部に入ると、まもなくエースに。本人の意思とは裏腹に、溢れ出る才能を周りが放っておかなかった。

 ただ、下級生の頃は投げるとすぐに肩が痛み、登板機会は少なかった。その才能が周囲の目に止まり始めるのは高校3年になってからだ。大学時代に、本人から当時のことについて語ってもらったことがあった。

「高校3年の春の大会で、相手にプロ注目の投手がいて、スカウトが来ていたらしいんです。そこで僕のボールもスピードガンで計ったら143キロが出ていたと。それまで球速なんて計ったことがなかったので、140キロを超えていたと聞いて少し自信になったのを覚えています」

 最後の夏は3回戦で敗れ、甲子園出場は果たせなかったが、関西の強豪・近畿大への進学を決めた。糸井の入学時にはコーチで、のちに監督となった榎本保にいろんな話を聞かせてもらった。

「入ってきた時からあの体で、普通に投げれば140キロは超えていました。しかも球が速いだけでなく球筋が違った。指にかかった時の低めの伸びは、私の知るなかでは新垣(渚/元ソフトバンク)に近いものがあった。順調に成長していけば、2年からジャパンに入るんじゃないかと思わせるくらいの素材でした」

 榎本を驚かせたのはボールだけではない。50メートル走をさせれば5秒67で駆け、垂直跳びをさせれば87センチのバネを披露。遠投も120メートルを超え、投手ながらスイングスピードは158キロ......。

「どれも『おいおい、ふざけるなよ』と言いたくなるほど、とんでもない数値を出してくる。これまでにもいろんな選手を見てきましたが、身体能力の高さという点では糸井はナンバーワンです」

 投手だけでなく、野手としても大いなる可能性を秘めていた糸井は、当時監督の本川貢から「どっちでやるんや?」と聞かれたという。

「僕は普通にピッチャーのつもりだったんですけど、野手の考えもあったみたいで。高校時代からバッティングも自信はありましたけど、自分的には迷いはなかったので『ピッチャーでやりたいです』と言いました」

 本人は「投手一本で」という強い意志があったものの、あまりにもずば抜けた身体能力に指導者たちは最後まで決めかねていた。榎本もそのひとりだった。

「野手として試合で使っていけば、二岡(智宏/元巨人ほか)クラスになれると。スピード、パワーなど、『コイツはほんとに化け物か⁉︎』と思わせる選手でした。野手として育てたらどうなるのか......というのは常に頭にありました」

 榎本がコーチから監督になってからも、糸井に野手転向の話を向けたことがあった。しかし、糸井の答えはいつも「ノー」。ある時の断りの言葉が「あいつらしくて......」と榎本が教えてくれたことがあった。

「『野手は練習でやることが多いんで......。僕は走ってやることの少ないピッチャーがいいです』と。それが一番の理由か、と思いましたが、性格的にはほんと掴みどころのないやつでしたね。僕はよく"宇宙人"と呼んでいました(笑)」

 3年春のリーグ戦で1イニングを投げて公式戦デビューを果たし、秋には3勝。ようやく秘めたる力を発揮し始めたと思っていたが、糸井自身の感覚はまったく違っていた。

「3勝して自信がついたというより、むしろ自信がなくなりました。オレのボールはこんなものかと思って。もっと抑えられると思っていたのが結構打たれて......コントロールも全然ダメでした」

 それでも冬に厳しいトレーニングを積み、ドラフト候補として迎えた4年春、リーグ戦で大車輪の活躍を見せてMVPを獲得。ところが、馬原孝浩(元ソフトバンクなど)との対決で注目を集めた大学選手権での九州共立大戦で0対14(5回コールド)と惨敗。雨のなか、太ももに違和感を抱えながらの登板ではあったが、先発して2回途中7失点。力を発揮することなく全国の舞台を去った。

◆赤星憲広が「神走塁」の3人を比較>>

 さらに秋も万全のコンディションには戻らず、糸井の大学生活は終わった。それでも潜在能力の高さを評価する声は多く、糸井自身も自らの可能性に期待を寄せていた。

「これからはフォークを磨いて、もっと三振が取れる投手になりたい。リーグ戦ではスピードは出ていても、なかなか三振を取れない。150キロを投げてもバッターは当ててきますから。決め球の変化球を持てるようになりたいです」

 さらに、理想の投手像についても語っていた。

「タイプ的に好きなのはカープの黒田(博樹)投手。先発したら完投というスタイルも含めて、ああいったピッチャーになるのが目標です」

 だが、2003年のドラフトで日本ハムに自由獲得枠で入団するも"投手・糸井"は一軍登板のないまま終わりを告げた。プロ3年目の4月に野手転向となった。

 この時、榎本はこんなことを語っていた。

「3割、30本、30盗塁を狙える選手になっていくんじゃないですかね。しっかり捉えた時の飛距離はとんでもなく、日本の球場ならこすっても入るはず。ホームランバッターになる可能性もあります。近大卒の選手で初めて海を渡る可能性を持った、そんな選手になっていくんじゃないかというくらい期待しています」

 その一方で、"投手・糸井"への未練も口にした。

「ピッチャーとしても化け物になる要素はありました。でも、故障や変化球の精度、性格面もあったんでしょうかね。もっとお山の大将になってもよかったんじゃないかと思っています。そのほうがピッチャーとしてはよかったのかもしれない。自分の力を信じきれず、それがボールにも出ていたように思います」

 時代が少し違っていれば"二刀流"としてプロのスタートを切っていたかもしれない。それほどの素質を秘めていた男も、来年夏には40歳を迎える。観る者たちの度肝を抜くような、"超人・糸井嘉男"らしい、さらなる活躍に期待したい。

このニュースに関するつぶやき

  • 佐藤輝明くん 超えてくれ
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • あの体でシーズン20本塁打を記録した事がないのも不思議。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定