7歳から3人殺害して取り調べでは笑顔に… 史上最年少で連続殺人鬼になった男

2

2020年11月01日 07:51  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(airdone/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
(airdone/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

連続殺人、あるいは猟奇殺人事件を起こすような犯罪者については近年、脳波、家庭環境、精神心理状態などを詳しく調べ、人格上の様々な障害に分類することがある。インドで「史上最年少の連続殺人鬼」が大変な注目を集めたことがあるが、その後どうなったのだろうか。

■世界最年少の連続殺人鬼

インド国内ばかりか世界の法曹界、脳科学、犯罪者プロファイリング、精神心理学ほか、多くの専門家が注目したアマルジート・サダ(Amarjeet Sada)という元少年。

8歳にして「世界最年少の連続殺人鬼」と呼ばれるようになった少年は、一般的な同年齢の子供とどう違うのか。生い立ちや家庭環境、精神心理状態など専門家らは特別大きな注目を払ったが、少年は警察の取り調べにも大胆不敵な態度をとってばかりだった。

関連記事:20日間で3件の強姦殺害事件 不仲な家同士がいがみ合った犠牲か

■7歳でイトコと妹を殺害

1998年にビハール州ベグサライ地区で生まれ、ムシャハリという貧困層が暮らす村で育ったアマルジート。彼は2006年、当時6歳だったイトコの少女を殺害した。

その事件の直後、アマルジートは生後8ヶ月だった自身の妹までも殺害したが、まだ7歳という年齢だったことから身内は表沙汰にせず、本人に深い反省を求めるにとどめた。村の人々も事件に気づいていたが、親族の思いを尊重して黙っていたという。

■8歳で隣家の乳児を殺害

ところがアマルジートは2007年にも、隣家の生後6ヶ月の女の赤ちゃんを誘拐して惨殺。首を絞めて静かにさせ、野原に連れていくと石で激しく殴りつけ、土に埋めるというむごたらしさだった。

その狂暴性に親族も驚き、ついに警察に相談。アマルジートは8歳にして、3件もの殺人罪に問われることになった。当時の様子については、警察の厳しい尋問に薄ら笑いを浮かべたり、大笑いしたり、あるいは「ビスケットを食べたい」と要求していたことが明らかになっている。

■傷口の血を見て快楽か

犯行の動機すら見えてこなかった3件の殺人事件。『ザ・タイムズ・オブ・インディア』紙は、「傷口の血を見て快楽を覚えるサディスト」という表現を用いた。

また少年の精神鑑定にあたった児童精神医は、アマルジートを「行為障害(素行症)」と診断。これは、年齢相応の社会規範や世の中の常識から大きく外れた者が、反社会的で攻撃的な行動を繰り返すことを指すという。

少年法により、18歳までは児童養護施設で監視が続けられることになったアマルジート。今から3年前には出所に伴う何らかの動きがあったはずだが、現在に関する情報は一切明らかにされていないという。

・合わせて読みたい→タクシー運転手50名を殺した連続殺人犯 違法な臓器売買にも関与か

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

このニュースに関するつぶやき

  • インドなら極秘裏に殺して『殺人鬼?そんなヤツいたっけ?』が出来るっしょ( ̄▽ ̄;)
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定