ミス立教2020全員登場 聞きにくいこともオトナ童貞が全部聞く

5

2020年11月01日 21:20  ソーシャルトレンドニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ソーシャルトレンドニュース

写真
"ミス立教2020全員登場 聞きにくいこともオトナ童貞が全部聞く"

■ミスキャン美女に今年も果敢に直撃!

東大、青学、慶応、立教etc……。各大学で毎年行われているミスキャンパスコンテスト。
毎年、新しい候補者が発表される度に、ついつい「今年はどんなコが!?」と気になってしまう人も多いはず。
永遠のオトナ童貞のための文化系マガジンチェリーでは2017年にミス東大特集、2018年にはミス青学・ミス成蹊・ミス立教といった人たちへの就活講座をおこなった。今年は第36回を迎えるというミス立教コンテストに注目!
コロナ禍で大学の授業がオンラインに移行し、大学には行かない中で選ばれた今年のミスキャンパスたちは、ネット応募で自薦のコたち。イケイケな美女に見えるミスキャンとオトナ童貞は水と油にも思えるが……。そこでオトナ童貞はミスキャンと仲良くなれるのかという観点で、好きな男性のタイプやカルチャーなどを聞いた!

まずはサクッと5人のファイナリストを紹介。

友田紗季(ともださき/文学部3年)



ショートカット美女の友田さんは、オトナ童貞取材陣にも気遣いを絶やさないメンタルも美女!とはいえ「高校の時から比べて12Kgも痩せたんです」と
筋肉と映画の話になると、独自の観点から最高に面白い持論を語ってくれた……!

伊藤彩華(いとうあやか/異文化コミュニケーション学部4年)



唯一の大学4年生の伊藤さんは、子役出身、今年までカレッジ・コスモスというアイドルグループにいたという、ミスキャンとしては変わったキャリアの持ち主。小学校5年生のときに共演した女優の宮本信子さんが憧れだという。

樋口花果(ひぐちはなか/観光学部2年)



3,4年生の候補者が多い中、唯一の2年生。ハキハキと喋る姿は2000年生まれとは思えない!(そうです今の大学生には2000年代生まれもいるのです)

潘佳伊(はんかい/社会学部3年)



日本生まれ、日本育ちの潘佳伊さん。すべてを飾らず正直に語ってくれる様が好印象!
↓の山口さんと同じダンスサークルに所属していて活発な印象だ。

山口清香(やまぐちさやか/経済学部3年)



バスケ部出身、部活をしている人がタイプ、好きな顔はEXILEのTAKAHIROと山下智久という山口さん。一見ど真ん中の美女にも見えるが「体育会系の部活にはビビって入れなかった」というところに、親近感を感じるぞ……!

■好きなタイプを全員に聞く

とりあえず王道質問、まずは好きなタイプを聞いた!

友田さん「筋肉」

潘さん「うーん……」と悩んだ後に「好きになられてから、あっ気になるかも、と思い始めるので能動的に好きなタイプっていうのはあまりないかも……」と正直かつ、納得の答え!


樋口さん「爽やかで、偏見を口にしない人」
山口さん「聞き上手な人」
伊藤さん「人の話を聞いて、客観的なアドバイスをくれる人」

と……ミス立教とはいえ、人として真っ当であれば好きになってもらうこともそう大変ではないのでは、と期待を抱かせる答えだった……!

なかでも友田さんの言う筋肉は「何かのためにつけた筋肉が好き」と、一般的な答え「頑張ってる人が好きです」に筋肉という趣向を加えた最高な答え。



いわゆる細マッチョレベルではなく、ラグビー選手レベルの筋肉がいいそうで、そこまでいけば「イケメンだとか、本当にどうでもいい!」とのこと。「スクワットで160Kg以上いけてたらそれだけで好きになるかもしれない」と耳寄りな情報を得た!

さらに山口さんからは「顔で好きになったことがないんです。学歴も気にしないですね」と天使のような答えが返ってきた!


■ミスキャンにも“映画の立教”のアイデンティティが!

続いては文化系マガジンとしては聞いておかなければいけないカルチャー部分!趣味が重なれば一気にお近づきになれる可能性も……!ということで、好きな映画を聞くと……

樋口さん「タイタニック」
潘さん「タイタニック」





と、1997年の映画公開時より後に生まれた彼女たちにも愛されるタイタニック!

友田さんは『或る夜の出来事』と、1934年の映画をセレクト。「この映画がパラマウントを救ったんです」「『ローマの休日』はこの映画の影響を受けているはず」と見たくなるように語り出してくれた……。中学生の時に初めて見て以降、オードリーヘップバーンの出演作品は全部見たという。友田さんいわく「直接的な性描写がないのに、“におわせられる”ってすごい芸術じゃないですか!?」


そして伊藤さんはなんと、映画の名門立教大学で、映画研究のゼミにいるという!韓国の映画評論家の教授とともに研究を進める伊藤さん。ポン・ジュノ作品は全て見ているといい、オススメは『スノーピアサー』との答え。さらに同年代へのオススメ日本映画には『君と100回目の恋』と答えるなど、詳しいのに通ぶらないところも好感度大!


山口さんは、自粛期間中に2日で『愛の不時着』を見たほど、どっぷりハマったという。



流行をキャッチできるコから往年の名作を独自視点で語れる逸材まで……さすが、黒沢清・青山真治・万田邦敏・周防正行らを輩出した、“映画の立教大学”!映画アイデンティはミスキャンパスにまで根付いていた……!

■映像化したい自分の過去とは……?

最後はチェリーのオトナ童貞ライター・小峰から「自分の今までの人生のどこかが短編映画になるのなら、どこを映像化したいですか?」という(是枝裕和監督の『ワンダフルライフ』かな?)と思える質問が。ファイナリストたちが悩みながら出した答えは……

友田さん「今」
潘さん「これからのミスコン期間」
と、今もしくは少し先を指す答え。


樋口さん「2017年のRADWINPSのライブの棒人間の前のMCを聞いている私」
伊藤さん「アイドル時代」
と、2人とも少し前に戻った……!





山口さんは「これからのミスコンの期間」と語ったあと「もしくは、高校のバスケ部時代。朝5時起きで7:30から朝練してた頃は青春でしたね……」と振り返ってくれた。

過去を振り返るような質問にも、未来を見据えつつ答えてくれた彼女たち。過去を振り返るにはまだ若すぎる……!彼女たちの未来にちょっと影響を与えるかもしれない、ミス立教コンテストは11月3日(火)に開催される。

■詳細情報
◯「第36回 ミス・ミスター立教コンテスト」
11/3 11:30〜
公式YouTubeチャンネル『ミス・ミスター立教コンテスト2020』にて生配信(時間変更可能性アリ)

また現在、公式YouTubeにて各候補者の自己PR動画を公開中。再生回数もグランプリえを決める審査要素になるとのこと……!
ミス立教公式YouTube

Twitter:@MissMrRikkyo
https://twitter.com/MissMrRikkyo?s=21
Instagram:@missmr_rikkyo
https://instagram.com/missmr_rikkyo?igshid=1s0om6vqpb4sb


動画/画像が表示されない場合はこちら
 

このニュースに関するつぶやき

  • オトナ童貞という言葉の必要性が全くない記事だと思う。コンテストの参加条件に童貞もしくは処女というのを付け加えたほうが炎上してはたから見て面白いと思うが。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 左上一択と思ったら、Zかよ(笑)おそらく魔改造アンドロイドだな(笑)
    • イイネ!26
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

前日のランキングへ

ニュース設定