ふなっしーでお馴染みの船橋市、小説の舞台としての魅力とは? 下町とも郊外とも違う”普通さ”が生み出すリアル

4

2020年11月06日 19:51  リアルサウンド

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 太宰治といえば東京の西、三鷹にゆかりの深い作家といったイメージが強くある。三鷹で暮らして『走れメロス』や『人間失格』などを書き、三鷹を流れる玉川上水に入って自殺し、三鷹にある禅林寺に埋葬されて6月19日の「桜桃忌」に大勢のファンが訪れる。その太宰が、1年3ヶ月と短い期間だが暮らしていて、亡くなる2年前に発表した回想記「十五年間」に「最も愛着が深かつた」と書いた場所が、千葉県船橋市だ。


 非公認キャラとして活動していたふなっしーが全国区の人気者となり、プロバスケットボールの強豪・千葉ジェッツふなばしが本拠地にして知られている船橋だが、太宰が愛した街らしく、三鷹や吉祥寺や下北沢といった街に劣らず、いろいろな小説で舞台となっている。


 一例が、2015年に出た吉本ばななの『ふなふな船橋』(朝日文庫)だ。夜逃げした父と再婚した母から離れ、船橋で暮らす親戚のマンションに身を寄せた少女が経験する不思議な出来事に、ふなっしーのぬいぐるみが絡む心温まる作品になっている。直木賞作家の東山彰良による大藪春彦賞受賞作『路傍』(集英社文庫)では、池袋や渋谷にはほど遠いものの、そこそこの賑わいを持った情景の中、虚無的な日々を送る若いチンピラの姿が描かれる。アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』の脚本も手がけた深見真のライトノベル『シークレット・ハニー1,船橋から愛をこめて』(富士見ファンタジア文庫)では、美少女スパイたちが世界崩壊の鍵となる男子をめぐって争う舞台となった。


 郊外のベッドタウンとは違うし、亀有や柴又のような下町とも違った近郊の街ならではの”普通さ”が、ストーリーに妙なリアル感を与えている。そんな街、船橋が登場する文芸作品の列に、新しく加わったのが、「新潮文庫×LINEノベル 青春小説大賞」から出てきた水生欅の『君と奏でるポコアポコ 船橋市消防音楽隊と始まりの日』(新潮文庫nex)だ。


 警察や自衛隊が音楽隊を抱えているように、全国の消防にも同じように音楽隊があって、消火や救急といった活動をPRする役割を果たしている。船橋市消防局にも消防音楽隊があったが、入団希望者が減ってメンバーが足りなくなったため、市民から隊員を受け入れることになり、高校に進学したばかりの栗原優芽が参加を決めた。


 高校にも吹奏楽部はあったが、中学時代の苦い経験が優芽に入部をためらわせた。実力と年功がぶつかり合う問題と言えば分かるだろうか。高校の吹奏楽部が舞台になった小説で、アニメ化されて大ヒットした武田綾乃の『響け!ユーフォニアム』(宝島社文庫)でも、主人公の黄前久美子が中学時代に直面した問題。お客さんのように参加する消防音楽隊なら、辛い思いをしなくても良いと思った優芽の気持ちは、運動部も含め同様の経験を持つ人に刺さりそうだ。


 そんな音楽隊に、優芽が高校フルート界の女神と崇めていた近藤奈々子が、芸大卒の指揮者と共に参加して大喜びしたのもつかの間。消防官としての業務をこなしながら音楽隊に参加しているメンバーから、市民団員は遊び半分で良いなと言われてへこみ、経費削減から音楽隊を潰そうとする市役所の意向も見えて、優芽は自分の居場所に不安を覚える。若い世代ならではの青春の迷いが浮かぶ物語。収益には直結しない文化事業が、経費削減の波をもろに食らって衰退の一途を辿る日本の縮図も垣間見える。


 もはや瀬戸際というところから、本職の消防に手を抜くどころか献身的に現場に飛び込み、大けがを追った隊員の音楽隊にかける熱意に刺激され、団員たちが一致団結していく様がかっこいい。大人たちの頑張りに、どこか逃げ場として参加していた優芽が何を思うのか。憧れていた聡明で親切な奈々子が、内に秘めていた負けず嫌いの性格にも触れて、優芽が自分を改める展開からも教わることがありそうだ。


 取りつぶしが決まって挑む最後の舞台は、千葉ジェッツふなばしがホームとしている船橋アリーナで行われる千葉県内の消防隊による大会。結果は果たして? 気になる展開にページをめくる指も走る。


 そんな『君と奏でるポコアポコ 船橋市書房音楽隊始まりの日』を読んで、船橋市の消防隊員になにかしらの思い入れを抱いた人にとって、第9回アガサ・クリスティー賞に輝き、2019年11月に刊行された、穂波了『月の落とし子』(早川書房)は、心配な気持ちが浮かぶ作品かもしれない。船橋市の真ん中に宇宙船が落下して、未知のウイルスが人類を脅かすという内容だからだ。


 月面探査を再開したNASAの月着陸船で降下した2人の宇宙飛行士が、活動中に苦しみだして血を吐きそのまま死んでしまった。司令船で見守っていた日本人宇宙飛行士の工藤晃を含む3人は、未知のウイルスが原因かもしれないから、2人を置き去りにして帰還しろという地球からの指令に逆らい、死んだ2人を回収して地球に連れ帰ろうとする。


 ところが、工藤を残して生きていた2人も死んでしまった上に、地球に戻らず宇宙に消えようとした宇宙船がアクシデントで地球に落下し、船橋市内にある32階建てのマンションに激突する。当然出動する船橋の消防隊。工藤宇宙飛行士の妹でJAXAの管制官をしていた茉由が駆けつけた時も、消火活動にいそしんでいたはずだ。そこにマンションの倒壊が起こって大勢の人が亡くなってしまう。もしかしたら音楽隊のメンバーも……。などと作品をまたいで心配したくなるほどに、両作品とも船橋がリアルに描かれている。


 『月の落とし子』では、恐れていたウイルス感染が始まって、住民だけでなく対策チームの中にも死者が出始める。新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まる直前の刊行だけに、都市を封鎖し出入りを制限する対応は事態を先取りしていたかのよう。恐ろしいことに『月の落とし子』では、封鎖地域を人体にも有害な薬物で浄化するという決定まで下されてしまう。止めるにはウイルスを押さえ込むための有効な方法を見つけるしかないが、コロナ禍でも分かるように簡単には見つからない。難題に挑み、解決法を探る展開は今の事態乗り切る道にもつながりそう。刊行から1年を経て改めて、手にとってもらいたい1冊だ。


 船橋くらい封鎖して殲滅すれば良いんじゃないと言おうもなら、今も市内ではスーパーで振り込め詐欺防止を訴えるアナウンスが流れるふなっしーが現れ、梨汁をプッシャーと浴びせかけるからお覚悟を。


■タニグチリウイチ
愛知県生まれ、書評家・ライター。ライトノベルを中心に『SFマガジン』『ミステリマガジン』で書評を執筆、本の雑誌社『おすすめ文庫王国』でもライトノベルのベスト10を紹介。文庫解説では越谷オサム『いとみち』3部作をすべて担当。小学館の『漫画家本』シリーズに細野不二彦、一ノ関圭、小山ゆうらの作品評を執筆。2019年3月まで勤務していた新聞社ではアニメやゲームの記事を良く手がけ、退職後もアニメや映画の監督インタビュー、エンタメ系イベントのリポートなどを各所に執筆。


■書籍情報
『君と奏でるポコアポコ 船橋市消防音楽隊と始まりの日』(新潮文庫nex)
著者:水生欅
出版社:新潮社
出版社サイト
Amazon


『月の落とし子』
著者:穂波了
出版社:早川書房
出版社サイト
Amazon


    前日のランキングへ

    ニュース設定