西銘駿&飯島寛騎&ゆうたろう『ツナガレラジオ』ロケ地を絶賛、4D上映を熱望

0

2020年11月09日 16:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

2021年春公開の映画『ツナガレラジオ〜僕らの雨降Days〜』に出演する西銘駿飯島寛騎ゆうたろうが7日、産業能率大学湘南キャンパスにて生配信で行われた「産能生みんなでツクルラジオ」にゲスト出演した。


3人は学園祭実行委員の学生たちに拍手で迎えられ登場。MCの TOKYO COOLから西銘さんはジュノン・スーパーボーイ・コンテストの13,520人の中から選ばれたグランプリであることや、西銘と飯島は「仮面ライダー」に出ていたので子供と一緒に見ていたなど、個々のプロフィールがMCから紹介され配信が始まった。



今回、コロナ感染症対策のため学園祭がオンラインでの実施となることもあり、自粛期間中のことの話題になると、西銘が、一人が寂しくて飼い始めたという愛犬ホワリちゃんの動画を事前に準備をし披露されるも、2 秒という短さの動画に笑いを誘うシーンもあった。この放送が学園祭と本作「ツナガレラジオ〜僕らの雨降 Days〜」のコラボであることから、学生自ら映画に出てくるロケ地めぐりをした動画が公開された。

ロケ地は3人の思い出になったところがピックアップされており、ロケ地動画を見ながら撮影時のことを振り返るトークが行われた。まず、西銘は伊勢原、大山の感想を「空気がきれいで、皆さんにも味わってほしい。4Dで!!!!香りと空気を感じてほしい」と映画の公開を風なども感じることができる4D上映にしてほしいと熱望するくらい、ロケ地となった伊勢原・大山の自然の素晴らしさを紹介した。


ゆうたろうも自粛期間中にハンモックを買ってしまったほど、自然が好きとアピールをし、ロケ地動画の中に出てきた「こま参道」は362段の階段でできており、撮影中は毎朝徒歩で20分ほど歩いていたことを明かした。



劇中で西銘が演じるアクトが一人でラジオ放送をするシーンがあり、その舞台となった「旅館元瀧」が紹介されると、セリフが舞台並みにある台本で1日がかりの撮影であった事を明かし、「家で台本読むだけではセリフを覚えられないから、ロケバスの中でもずっと録音したものを聞いていました!」と撮影の苦労を話すも、終わった時は達成感があったと語った。


劇中でYouTuberとなるディジェ役のゆうたろうが実際にロケを行った駒を作っている「金子屋」のご主人からのコメント動画もあり、ゆうたろうに対して「若いけど礼儀正しい子だった。」と印象を語ると、ゆうたろうは「お父さんより年上だから最初は不安だったけど、僕のことを調べていてくれたり、駒を作る様子を見せてくれたりとぬくもりを感じました。」と撮影の思い出を話した。ご主人から「この大山撮影で、大山駒は出世駒と呼ばれているので3人の人気はこれから上昇するだろう!応援しています!」と激励のメッセージも紹介された。

そして次のコーナーでは、3人にさらに伊勢原の町を紹介しようと学園祭実行委員が試行錯誤した「クイズ!伊勢原ドキュメント」と町の魅力を詰め込んだクイズが10問出題された。一番正解した人にはご褒美に伊勢原駅にある「とんかつ麻釉」の人気定食ロースかつ定食がもらえると聞くと、3 人とも負けられないと意気込んでいた。


質問は、伊勢原市のゆるキャラや大山の標高、龍屋物産で一番売れているもの、日産の車種をすべて書くなどバラエティに飛んだ質問が繰り広げられる中、結果10問中5問正解と高得点を出した飯島がとんかつを大盛りのごはんと一緒に「学生が喜びそう!」と量の多さに驚きながらもダイナミックな食べっぷりを披露した。



年齢では大学4年生の年にあたり、アパレルショップ「サントニブンノイチ」現役ショップ店員でもあるゆうたろうが、学生たちのファッションチェックをすることになり、事前に準備された“カフェデート編”の男子学生の映像が流れると「厳しくしようと思っていたけど、ブランド物と古着を合わせて取り入れていて、僕の好みのコーディネート!」と絶賛した。

最後に、この日の感想や映画への思いをお話いただくと西銘は「一緒に大学生になれた気分がしました。学生の頃を思い出しました。」と学生たちに笑顔を向け、飯島は「リモートで新しい試みだと思いますが、大学生だけでなく多くの人が見られるのは今の時代にしかできない、僕にとっても良い経験になりました。」と感謝をともに述べた。ゆうたろうは、「同じ同世代の学生たちが、準備からすべてやっていて僕ならできないと思うから勉強になりました。大学は専門的に学べて羨ましいと思いました。」と学生たちを羨望の眼差しで見つめていた。


最後に、本作が2021 年春公開で地元だからこそ見に来てほしいという思いを伝え、笑顔と実行委員会の学生たちの盛大な拍手とともに配信は終了した。








    ニュース設定