日本では「正」という字を使うけど、ほかの国では違うみたい…多彩な「モノの数え方」を紹介する投稿が話題

85

2020年11月23日 11:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真写真

突然ですがみなさん、「モノを数えるとき」って、どうやっていますか? 日本では「正」という字を使って、5ずつ区切って数えていくことが多いと思いますが、実はいろいろな方法があるようですよ。ほかの国での数え方を紹介する投稿が、Twitterで話題になっていました。

【図】世界でのいろいろな数え方はこちら

投稿したのは、デザインなどのお仕事をされている会社員・萩原幸也(@onipro)さん。「なんとなし役に立ちそうな画像です」とのコメントとともに、「世界の画線法」を紹介する図版をアップしました。画線法とは「線を引いて数を表現する方法」のことだそうですが、図版によるとほかの国ではこんな方法を使っているといいます。

・日本だけでなく、中国、韓国でも「正」の字を使う
・ヨーロッパや北アメリカでは縦線を4本引き、5で斜め線を引く
・スペイン、アルゼンチン、ブラジル。チリでは、1から4で四角を描き、5で対角線を引く

…この投稿を見た人たちからは、「(このような数え方が)正の字じゃないにせよ、世界中にあるのか」「どの国でも5で区切るんだなぁ」「勉強になります」といった声が続々と。「5画でかけるものであれば、実はOKなのだと発見があります」と感じた人もいて、「☆」「田」など、自分が使っている数え方を紹介する人もいました。

   ◇   ◇

投稿した萩原さんにお話を聞きました。

―国が変わると数え方がこんなに変わるんですね…。

「もともとは海外のサイトでまとめられていたのを見まして、興味が湧いて調べてみました。地域の特性もありながら、5で区切るという共通点もあって面白いなと思い、投稿しました」

―みなさんの反応を見られて、どのように感じられましたか。

「多くの方が同じように興味を持ってくださったことに驚きました。江戸時代の日本では“玉”と書いて数えていたなど、いろんな情報が入ってきました。海外からも反応がありまして『自分の国ではこの方法です』と教えていただきました」

―萩原さんはこの3つの方法のうち、どれが一番便利だと思いましたか。

「見慣れていない『四角に斜め線を入れる方法』はしっくりきてなかったんですが…実際に使われている方から『一筆書きで書けて便利』と教えていただき、納得しました」

―そういえば、ほかにも役に立ちそうな画像として「世界の巨像の大きさを比較する」画像を投稿されていますね、

「画像だと、文章や映像に比べて、情報をすばやく伝えることができます。新しい発見のある面白いネタがあれば、今後もつくってみるかもしれません」

(まいどなニュース・川上 隆宏)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 日本語でおk
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • タイトルでは単位の多様性の内容かと思いました。これは【モノの数え方】でなく【数の数え方】では?指の数が5本なのだから5単位は至極自然です
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(56件)

ニュース設定