ノートPCの“真の性能”はバッテリー駆動時に分かる Intelが説明

6

2020年11月24日 00:12  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真今回の説明会のテーマは「Truly Mobile Performance(真のモバイルパフォーマンス)」。何が“真の”なのだろうか……?
今回の説明会のテーマは「Truly Mobile Performance(真のモバイルパフォーマンス)」。何が“真の”なのだろうか……?

 Intelは11月20日、8月19日に行われた報道関係者向けオンライン説明会「Real World Performance Workshop(現実世界におけるパフォーマンスに関するワークショップ)」を開催した。



【その他の画像】



 この説明会は、8月19日に開催された説明会「Intel Platform Advantage」の“続編”に当たる。前回は、同社のノートPC向け第10世代Coreプロセッサ(開発コード名:Comet Lake-HおよびIce Lake)と、競合であるAMDのモバイル向け第3世代Ryzen Mobileプロセッサ(Ryzen 4000シリーズ)を比較して、「ベンチマークはリアルな使い方で取るべき」と主張していた。



 今回の説明会は「Truly Mobile Performance」、日本語にすると「真のモバイルパフォーマンス」をテーマに進められた。Intelのいう真のモバイルパフォーマンスとは何なのだろうか。



●ユーザーはバッテリー駆動時のパフォーマンスの良さを求めている



 Intelの調べによると、最近のノートPCの購入者の約7割は、家の中でノートPCを持ち歩いて使っているのだという。



 オフィスアプリの利用、Webブラウジング、コンテンツ作成――日常使いでもバッテリー駆動を多用する昨今において、ノートPCにはバッテリー駆動時のパフォーマンスの良さも求められるというのが同社の主張だ。



 前回の説明会で、同社はバッテリー駆動になると、Ryzen 4000シリーズを搭載するノートPCはパフォーマンスが大きく落ち込むという検証結果を披露した。ノートPC向け第11世代Coreプロセッサ(開発コード名:Tiger Lake)の発表時に行われた技術説明会でも、同趣旨の説明が盛り込まれた。



 Intelとしては、Ryzen 4000シリーズはコンセント(外部電源)なしには本領を発揮できないという「コンセント番長」ぶりを問題視(?)しているようだ。



●「コンセント番長」にメーカー間の傾向の違いはない



 第3世代Ryzen Mobileは「コンセント番長」である――そのことを証明するために、IntelはTiger Lakeを搭載する市販ノートPC(一部はベアボーンキット)とRyzen 4000シリーズを搭載する市販ノートPCを5台ずつ用意。その上で、ディスプレイの輝度を200ニトにそろえたこと以外は設定を変えずにバッテリー駆動でベンチマークテストを実施した。



 Intelがまず示したのが、総合ベンチマークソフト「PCMark 10」のApplicationsテストの結果だ。このテストではMicrosoft Officeの主要アプリケーション(Word、Excel、PowerPoint)と「Microsoft Edge」を利用した際のパフォーマンスを計測できる。



 同社はAC(外部)電源のある場合とない場合のそれぞれで、テストを繰り返し実行したという。結果を見てみると、Ryzen 4000シリーズを搭載するノートPCはバッテリー駆動になるとスコアが最大で38%落ち込んだ。4割近い性能ダウンということになる。



 続けて、同社はHTML5とJavaScriptベースのWebブラウザベンチマーク「WebXPRT」や、同社も参画する団体が作成した総合ベンチマーク「SYSmark 25」の結果も示した。PCMark 10の結果と同様に、Ryzen 4000シリーズはバッテリー駆動時に有意なスコア低下を確認できたという。



●処理時間ベースの「リアルワールドテスト」でも同様の結果



 次にIntelは「リアルワールドに基づく作業も、同じ物語を紡ぐ(結果を示す)」とした上で、「PowerPointにおけるPDFファイルの保存」「ExcelチャートからWord文章へのインポート」「WordドキュメントからPDFファイルへの変換」「Oultookにおけるメールのマージ(結合)」の4つの作業にかかった時間のグラフを示した。いずれのテストも、同社が提唱する「Representative Usage Guides(RUGs)」に基づいて行われたものだ。



 結果を見てみると、Ryzen 4000シリーズはバッテリー駆動になると作業時間が延びる傾向が明らかになったという。



●バッテリー駆動のパフォーマンス差は「電源制御」の差?



 一方で、レンダリングを通してCPUの性能を測るベンチマークテスト「CINEBENCH R20」では、Ryzen 4000シリーズのバッテリー駆動時における大きなスコア低下が見受けられなかったという。「競合が好む」(Intel担当者)このテストでは、今までと異なりAC電源とDC(バッテリー)電源でのスコア差が数%以内に収まっている。



 なぜこのような結果になったのだろうか。



 Intelは、Ryzen 9 4900HS(3G〜4.3GHz、8コア12スレッド)を搭載するASUS製の「ROG Zephyrus G14」と、Ryzen 7 4700U(2G〜4.1GHz、8コア8スレッド)を搭載するLenovo製の「IdeaPad 5(14)」の2台でこの現象を精査した。具体的には、起動して5秒経過したら、CPU内の同じレジスタ(記憶回路)に対する書き込みと読み出しを一定回数繰り返して終了する「マイクロベンチマーク」を自社で開発し、CPUコアに掛けられる電圧や消費電力の変化を観測したという。



 結果、AC電源での稼働時は特に変わった挙動はなかったが、DC電源ではCPUの消費電力が上がるまでに幾らかの遅延が生じたそうだ。言い換えると、バッテリー駆動中はフルパフォーマンスに切り替わるまでに時間がかかるということである。



 この「挙動」が、Ryzen 4000シリーズのバッテリー駆動時に処理パフォーマンスが“落ち込む”原因であるようだ。



●ノートPCのパフォーマンスは「バッテリー駆動時に測るべし」



 冒頭で触れた自社調査の結果、そして各種ベンチマークテストを通してIntelが主張したかったことは、ノートPCの“真の性能”はバッテリー駆動時に現われるという1点である。世代を経るごとにパフォーマンスを改善してきたRyzenプロセッサに対して、新たに見つかった「弱点」を突いてきた格好だ。



 ただ、IntelがこれだけAMDプロセッサの「弱点」を主張していれば、AMDもそれを承知しているはずである。これからリリースされるであろう第4世代Ryzen Mobileプロセッサ(仮)では、バッテリー駆動時のパフォーマンスを改善してアピール仕返す可能性も否定できない。



 そうなった場合に、Intelは次に“何”をアピールするのだろうか。そもそものCPUの性能や機能を磨くのか、あるいは、ライバル(AMD)の新たな弱点を見いだして自社の優位性を主張するのだろうか?


このニュースに関するつぶやき

  • いやいや、それ程ガシガシ使うことはまず無いので、特に小型や薄型のモバイルPCでは重さと電池がどれだけもつかが非常に重要。ゲーミングPCでは重くてコンセント番長で全く構わない。ゲームはやらないけど。 https://mixi.at/ai8iKmz
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • 昔はノートPC使ってたけど、こたつの上に置きっぱなしだったよ。今はデスクトップだから持ち運べないけどもw そんなに家の中であちこち持ち歩くものなんだろうか。
    • イイネ!16
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定