菅田将暉、甲本ヒロトとの緊張の対談「不思議な時間でした」 松本&中居が見守る中でトークに本音

0

2020年11月24日 01:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の菅田将暉が、23日深夜放送のニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週月曜 深1:00)に出演。21日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『まつもtoなかい〜マッチングな夜〜』で、甲本ヒロトと緊張の対談を行った際の感想を明かした。

【写真】甲本ヒロト&菅田将暉が対談 見守るのは松本人志&中居正広

 ダウンタウンの松本人志とタレントの中居正広が考案し、初対面や初共演だったり、お互いのことをよく知らなかったりという2人が、数台のカメラが回っている状況下でいきなり対面させられた時、一体何が始まるのかというコンセプトで番組を展開。甲本は菅田に「僕より(歌が)うまいもん」と賛辞を送りながら、昨今の音楽について「今は歌詞を聞きすぎだと思う。僕らの頃は音で聞いていたけど、今は歌詞を文字で追いすぎている気がちょっとする」と指摘していた。

 この日の『ANN』で、菅田は「どうでしたかね。もう、オレはほとんどしゃべってなかったですね。緊張した時、オレあんな顔してんねんなって思った。なにかしてやろうっていうのは一切なく、ただただ話を聞こうという感じでしたけど、そもそも、甲本ヒロトさんとの対談の前に、松本さんとは『ダウンタウンなう』で号泣した以来やから、まず目標は泣かないことですよ」とそうそうたるメンバーとの共演に恐縮しきり。

 続けて「中居さんが開口一番『ここにいるのは不思議だよね』っておっしゃっていたんですけど、その時ヤバかったですね(笑)。甲本ヒロトさんはすんごいやさしい方で、音楽とか『歌詞を聞きすぎや』って言っていたけど、僕らはヒロトさんの言葉をずっと感じてきたから…」としみじみ。「松本さんもおっしゃっていましたけど(甲本が)普段からしゃべっている言葉がすごかった。お説法を聞いて、体の力が軽くなる感じ、不思議な時間でした。ちょっとありがたかったですね」と振り返った。

 いまだに、当時の記憶が鮮明のようで「数週間前の収録なのに、ずっと引きずっているのよ。慣れてないねん、ホンマに緊張したこととか感動したことに慣れてないから。オレの中では咀嚼できてない」と率直な思いを打ち明けていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
    ニュース設定