爽やかさとセクシーさの融合、“プライベートな菜乃花”と過ごす1年

0

2020年11月24日 07:10  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

Iカップのフィギュア体型で抜群の人気を誇る菜乃花が『2021年度版カレンダー』(トランスワールドジャパン)を発売。記念イベントが神保町・書泉グランデで開催された。



出来上がったカレンダーを見た菜乃花は「今まで出してきたカレンダーは、写真集のカットだったりしたので全面的にセクシーな物が多かったんですよ。今回は撮りおろしで沖縄で撮影したんですけど、楽しい感じに仕上がっています。お好み焼き屋さんとかにも気楽に飾れるように少し意識をして、爽やかさとセクシーを合体させたようにしてみました」と説明した。


お気に入りのカットは5・6月の海の前で力強く立っているカット。「私服がメンズっぽいオッパイがわからないようなダボっとした服が好きで、今回もメンズっぽい感じでオーバーオールを着て衣装も可愛らしくしました。海があって空があって気持ちいい1枚になっています。ドヤ感がすごいです」と胸を張った。


そんなカレンダーを飾ってほしい場所については「私の中のカレンダーを飾る定番はトイレなのですが、今回はこっそり貼らなくてもいいと思うんですよ。今回はセクシーという感じよりプライベートで一緒に行ったような格好が多いので、グラビアファンではなくても飾れるのではないかと思います。お部屋だけではなく、公共の場にでもぜひ飾ってほしいです。人目についてもらったらうれしいです」と呼びかけた。


今年はコロナ禍の影響でイベントなども激減。自身もフリーに転身して、大きな変化の年になった。「事務所を退社して、そのタイミングでコロナになって、だけどいろんなことが考えられました。今年はすごく早かったけど、遅かったですよね。1日はステイホームで自粛していて長かったけど、1年はあっという間でした。転換期みたいなところもありましたけど、でもすごくさっぱりして楽しく過ごせました」と振り返った。


来年の目標については「来年はデビュー10周年になるんですよ。そういう年なので、ファンの方にも喜んでもらえるようなイベントだったり、今からきちんと考えて、10周年イヤーに向けていろいろ企画をしていきたいです。まだなにも言えないですけど、いろいろしていこうと思っているので、期待してください」と意気込んだ。

    ニュース設定