『遺留捜査』約2年半ぶり“連ドラ”決定! シリーズ誕生10周年に上川隆也「感慨もひとしお」

4

2020年11月24日 07:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『遺留捜査』シリーズ10周年記念ケーキを前にする上川隆也 (C)テレビ朝日
『遺留捜査』シリーズ10周年記念ケーキを前にする上川隆也 (C)テレビ朝日
 俳優の上川隆也が主演する『遺留捜査』が、約2年半ぶりに連続ドラマとして2021年1月より放送されることが決定した。上川は、シリーズ生誕10周年を記念した祝福ケーキを前に「感慨もひとしおです」とコメントしている。

【写真】シリーズ10周年の記念ケーキに感慨ひとしおの上川隆也

 『遺留捜査』は、2011年に第1シーズンがスタートした人気シリーズ。マイペースで空気を読まない不思議キャラの刑事・糸村聡(上川)が、事件現場に残された遺留品からメッセージを読み取り、事件を解決するとともに遺族の心情をも救う姿を描く。

 主人公・糸村役を演じる主演の上川のほか、神崎莉緒(栗山千明)、佐倉路花(戸田恵子)、雨宮宏(永井大)、岩田信之(梶原善)ら、個性豊かな京都府警“特別捜査対策室”、通称“特対”メンバーも集結。そして、第1シーズンからのレギュラーメンバーである科捜研研究員・村木繁(甲本雅裕)も、引き続き京都で鑑定を担当する。『遺留捜査』ファンの間で毎回、注目を集めてきた<腐れ縁コンビ(!?)=糸村×村木>のコミカルなやり取りは新シーズンでも大きな見どころとなる。

 そんな『遺留捜査』の第6シーズンが始動。10周年を迎え、スタッフから『祝☆10周年』というプレート&糸村の人形が飾られた超特大ケーキをプレゼントされ大感激の上川は、「想定をはるかに超えるお祝いをしてくださって…ちょっとにわかには言葉にできないというか、感慨もひとしおです」とコメント。

 「実は2011年、東日本大震災の直後にスタートした『遺留捜査』は、役者として何が出来るのかを見出しかねていた僕に、届けられる何かがあることを示してくれました」と10周年の節目について語り、演じる糸村刑事については、「家を出るときにいつも前を通るような、身近な距離感にいる存在といいますか…。僕にとっても10年、ひとつの役と向き合うというのは初めてですが、だからこそ、ご近所づきあいが途切れることなく続いている…そんな不思議な親近感を抱いています」と表現。

 そして、「実は今回は、“新たな風”が吹いてくるような気配をどこからか感じております」と明かした上川は、「2021年の冬、『遺留捜査』の新しい風をみなさまにお届けしたいと思っております。ぜひご期待ください」とメッセージを寄せている。

 木曜ミステリー『遺留捜査』新シリーズは2021年1月より毎週木曜20時放送。

このニュースに関するつぶやき

  • この前までやってたNHKBSのドラマで「3分だけ」をいじるネタがまぎれこんでたな
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定